<   2008年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

本場のサンクスギビング体験

今日、11月27日はサンクスギビングデーです。由来については以前ブログでも書いた通りですが、感謝祭とも訳される通り、家族みんなで集まって収穫に感謝し、ターキーなどを食べるアメリカのビッグイベントです。学校も木曜から4連休です。多くの学生が自分の実家に帰ったり、旅行にでかけてキャンパスが静まりかえっている中、私たちは旦那さんのクラスメイトに招待してもらってファミリーのサンクスギビングディナーに行ってきました。

クラスメイトはリンゼイという25歳のアメリカ人の女の子で、今年の夏に結婚したばかりです。一度うちにランチにきたこともあるし、旦那さんともクラス旅行であっているので面識ありです。
彼女の実家はロードアイランドというマサチューセッツ州のお隣の州にあってボストンから50分ぐらいです。先日行ったレンサムアウトレットへも10分で行けちゃうらしいです。

ボストンとは違って、いわゆるニューイングランド地方らしい、町並みです。平屋建て暖炉があって庭がとっても大きい家が並んでます。
まわりにはこんな小川が流れていたり、絵本でみたようなこんなかわいい木のブランコがあったりする静かなゆったりとしたところでした。


この青いかわいいおうちがリンゼイの家。
優しそうなダディとマムが出迎えてくれました。他にもリンゼイのおじさん、おばさん、数人のいとこやおじいちゃん、おばあちゃんがいたりして15人~20人ぐらいいました。

f0194826_12471023.jpg
f0194826_12473710.jpg


f0194826_12394321.jpg暖炉もありました!でもよくみると、薪ではなくて、ガスバーナーみたいな器具で火がたかれてました。最近の暖炉はこんな感じなんですね~
猫ちゃんもいました。黒猫ちゃんです。
私、猫が大好きで、実家にも猫がいるので久しぶりに猫と遊べて楽しかったです♪
うちの旦那さんは猫の毛のせいなのか、ほこりのせいなのか、くしゃみがとまらず目が涙目になってつらそうでした。。


広いリビングにそれはそれはでっかい薄型テレビが壁にかけられていて、アメリカ~!って感じでした。
観る番組もアメリカらしく、みんなでアメフトやポーカーを観てました。


f0194826_12402393.jpgそして驚いたのがこの棚!
リンゼイのお兄さんもリンゼイも高校と大学の時に日本にホームステイした経験があって日本語がかなりわかります。たまに日本語を忘れないように二人で日本語を話したりするそうです!
『猿も木から落ちる』とか知ってます(笑)
それにこのファミリー自体が、日本から留学生を受け入れるホストファミリーをしていたそうで、ありがたいことに日本大好きだし、よく日本のことも知ってます。
それで、子供たちや留学生の子たちが持ってきた日本グッズがたくさん飾られているのです。
急須やおぼん、けんだまに日本の美術本まで!日本のコカコーラの空き缶までありました。ごみかと思ったら、細くて小さなコーラの缶が珍しいそうで持って返ってきたそうです。
うちの実家以上に日本の伝統的なものがあって驚きました!

ターキーの準備も見せてもらいました!
マムが手で10kgもある焼きあがったターキーをバキバキ折って、肉をとりわけていきます。
とりわけながら教えてくれたのが「wish bone」
ターキーのどこかのV字になってる骨(ネットでしらべると胸とか鎖骨とかいろいろ書いてあって結局わからない。。)を乾燥させて、2人で指相撲みたいに引っ張り合いをしててっぺんの境の部分をとれた方の願いが叶うというものらしいです。

f0194826_1242216.jpg

f0194826_12432499.jpg



マッシュポテトの準備も見ていたら、じゃがいもをつぶす道具で荒くつぶした後は、バターを入れながらミキサーでかき混ぜてました!
あのクリーミーさはミキサーがポイントだったんだと今日知りました!

そしてキッチンにはrecipe boxが!お母さんの料理メモのことです。日本はレシピブックだと思うのですが、アメリカのドラマ「デスパレートな妻たち」でお隣さんのrecipe boxを盗みに入るという場面があったのを覚えていて、これがrecipe boxか~とちょっと感動。ねんきの入った箱でした!
その感動をマムとリンゼイに伝えたら笑っていて、でも最近はネットでやりとりしてレシピ教えてるけどね~と言ってました。やはり今の時代、ネットなんですね(笑)


いよいよ、席についてディナーの始まりです!
ネットで調べたり、他の人のブログを読んでいると結構、おいのりをして食べ始めたりするみたいですが、今日はまったくおいのりなんてなくて、私たち日本人のために「いただきまーす!」とダディが高らかに掛け声をかけてみんなで食べ始めました(笑)
フランクで楽しいファミリーです!


ディナーといっても15時ぐらいから始まって、食べるタイミング的にはランチなんだけれど、ディナーって呼ぶらしいです。
席がたりなくて、隣の部屋とわかれて2テーブルで食事です。

メインのターキーの他に、マッシュポテトやコーン、インゲンのソテーや豆とお肉みたいなのを煮込んだやつ、プチオニオンのソテー、クランベリーゼリー、スクワッシュ煮込んだやつがありました。クランベリーゼリーはここの地方の特産だからということもあるみたいで、味は梅みたいでした。
あと、パンもマム手作りで、ケンタッキーのビスケットみたなパンが最高においしかった!!
前回、学校のイベント食べたサンクスギビングディナーとは比べ物にならないほどおいしかったです。やっぱり家庭の味は違う!!

f0194826_1245467.jpg
f0194826_12453180.jpg


デザートには、アップルパイ、パンプキンパイ、レモンパイ、焼きプリン、ガトーショコラと、たくさんの種類があってバイキングみたいでした!すごい!
特にこのレモンパイが絶品で、おかわりしました。ほんとおいしかった~アメリカで食べたケーキの中で間違いなく1番おいしかったです。今度自分でもレモンパイ、チャレンジしてみたい!

サンクスギビングって、日本だとお正月みたいな感じで家族みんなで集まる大切なイベントです。
それに招待してくれて、楽しませてくれたリンゼイとリンゼイファミリーに感謝です。
お正月みたいにみんなダラダラとソファーで昼寝したり、アメフトをテレビでみたりおしゃべりしたりする中に同じようにだらっとさせていただけてくつろげたし、楽しかったです。

マムはこの準備のために今朝は5時起きだったそうで。。おいしいご飯にほんと感謝です。
自然の恵みとそしてマムに感謝です。

サンクスギビング、やはりたくさん感謝の気持ちを持った一日でした。
f0194826_1345551.jpg

[PR]

by asami-en818 | 2008-11-28 13:06

HBSの授業を見学

今日は旦那さんの授業の見学に行ってきました!
HBSの授業は、9月のケースナイト(パートナー向けのケース体験授業)には参加したことがあったのですが、HBSの実際の授業を見学したのは今日が初めてでした。
この見学は”class visit”といって、生徒のパートナー、両親はもちろんのこと、友達も参加できちゃうみたいです。すでにまわりの奥様たちは見学に行っていたのですが、私は今日、ようやく行ってきました。

参加したのは2限のリーダーシップの授業で10:20から80分間でした。
教室につくと旦那さんが出迎えてくれて、まずは教授にご挨拶です。ぎらついた教授の眼光のせいなのか、単に私に英語力がないだけのせいか、緊張して「Nice to meet you」しか言えませんでした。ほんとすごい目ヂカラです。
f0194826_1454070.jpg


じゃああそこに座ってと言われ、上から2段目の一番端っこに座りました。眺めはいいです。
教室には、クラスに在籍する生徒たちの国旗が飾られています。ちゃんとジャパンもありましたよ。
f0194826_1462882.jpg


着いた時は休憩時間だったので、顔見知りの人たちが声をかけてくれます。ありがたや。。

そして授業開始です。
まずはclass visitに来ている人の紹介です。連れて来た生徒が、ゲストの紹介をします。
今日は私以外に4人ぐらいいました。友達でハーバードケネディスクールに行っている人とか、教授が連れて来た人で、1999年にHBSを卒業した人とか。パートナーは私1人でした。

私の紹介は最後だったのですが、紹介が終わると教室中の人が立ち上がって拍手をして迎えてくれました。日本女子らしく、軽くお辞儀をしてはにかんでおきました。
どうやらパートナーか、両親がvisitに来た時は立ち上がって拍手をして迎えることになっているそうです。恐縮です。

そして本当に授業開始です。
リーダーシップの授業とは、HBSの卒業生数人のこれまでの歩み、そしてこれからの展望をケースの題材として、成功とは何なのか、これからどのようにリーダーシップを身につけていくべきかをディスカッションする、毎回かなり盛り上がる授業らしいです。
HBSは世界のリーダーを創出する学校と言ってますからね、おもしろそうです。

旦那さんから聞いてはいたけれど、みんな手をあげる、あげる、あげまくる!クラスは全部で90人。その中から当ててもらうのは大変なことですね。
はじめに手をあげたからとか、目立つあげかたをしているからとかでは当ててないようでした。教授の視点でしかわからない当て方です。うちの旦那さんも別の授業ですが、なかなか当ててくれない教授がいると悩んでいるぐらいですから。。

90人が耳を傾ける中で発言するのってすごいですね。
でもみんな身振り手振りでアツク話します。私も日本にいるときは、話している時の手振りが激しすぎるとよく笑われましたので、手振りだけはHBSの仲間入りができそうな気がしました。

あつく繰り広げられる英語授業を、必死で聞き取りました。
が、無理です。聞き取れません。。
とりあえず、お得意の聞いてるふり、わかってるふり、タイミングよく笑いにのるをやっときました。
この様子を見ていたうちの旦那さんは私がちゃんと授業を理解していると思ったらしいです。わかったふりだけうまくなりやがってと苦笑いでしたけど。
しかもブログにのせようと授業以外のネタをノートに書き込んでいたのでそれが、さぞ熱心に聞いて書き込んでいると見えたらしいです。

今日はうちの旦那さんも発言できてました。ほっとしました。
でも、教授は発言するたびに名前を書きとめているわけではないので、どうかちゃんとうちの旦那さんの発言を覚えておいてくださいよと強く心の中でお願いしておきました。
そしてびっくりしたのはちゃんと90人全員の名前を教授が覚えていること。さすがですねぇ。
縦横無尽に教室を動き回り、生徒のまん前までいって顔をぐいっと近づけて獲物を見つけたような目で凝視しながら発言を聞き、黒板に向かえば、バラバラとチョークを飛び散らかすほど強いタッチで要点を書き、畳み掛けるように話をする。
いやあ、教授ってのはすごいですね。今日の教授はわりと名物教授で人気の授業らしいので余計強く感じたのかもしれません。

授業の内容は理解できなかったけど、体感はできたので楽しかったです。
旦那さんの戦地を見学できただけでいい経験になりました!

またおもしろいケースがあったら参加してみたいと思います!
[PR]

by asami-en818 | 2008-11-26 14:11 | ハーバード

甘い!甘い!甘い!

今日はHBSのPratner's ClubのイベントでケンブリッジサイドギャラリアのCheese Cake Factoryにランチを食べに行ってきました。サイドギャラリアは以前ブログでも紹介したように、一度自転車で行ったことがありますが、今日は外人奥様友達が車で連れていってくれました。外人奥様4人と一緒に出発です。

車内で繰り広げられる会話に必死に耳を傾け、会話についていきます。話題はもっぱら、昨日旦那さんのクラスの学生メールに流された週末の事件について!
金曜にHarvar vs YALEのアメフト試合に向けたパーティがとあるBARで開かれて数人のクラスメイトが行ったらしいのですが、そのうちの1人の女の子が入店して1時間もすると、気分が悪くなり、その後一切の記憶をなくしてしまい、周囲にいたクラスメイトたちが病院に運んだというのです。病院で調べてみると、急性アルコール中毒ではなく、むしろアルコール濃度は低く、drugの基準値が高いというのです。つまりは、何者かが彼女の記憶をなくさせて襲おうとしたことが疑われるのです、恐ろしいことです。ここのBAR、今回が初めての事件かと思いきや、初めてではないらしく・・・店員が疑わしいらしいです。今回はクラスメイトと一緒にいたので事なきをえましたがほんと怖いことです。安全に思えるボストンも最近は物騒な話をちらほら耳にします。日本みたいに酔っ払ってる場合ではありません。気をつけないと。。

そんなダークは話もありつつ、サイドギャラリアに到着です。

f0194826_14193718.jpgCheese Cake Factoryは日本でチーズケーキスティックは食べたことがあったけれど、レストランに入るのは初めて!


店内はかわいい内装でした~。お昼時ということもあってたくさん人がいました。
今日、集まったのは10人ぐらい。
f0194826_1421146.jpg




「Hi! Asami~」と言われて、チュッチュッとハグをされる。日本女子たるもの、なかなかこのハグには慣れません。。1回チュッってするの?!2回チュッってするの?!人によって違うので毎回ぎこちなくこなします。
そして毎度のことですが、向こうは私の名前を覚えてくれているのに、私は覚えていないまま・・誰だったんだろうか・・ごめんなさい。。

f0194826_1422158.jpgメニューはたくさんあってよくわからないので、お友達お勧めのメニューをオーダー。チーズケーキをあとで食べることを見越して、軽めのものをチョイス。
サラダとスープと、ターキーのサンドイッチのランチセット。スープは豆をすりつぶしたもので、日本人の私にとってはうーんって感じのものでした。ブラジル人の奥様お勧めだったので、ブラジルうけはよさそうなものでした。サンドイッチもちょっと飽きます。。無難にハンバーガーのほうがよかったかも。。アメリカはどこにいってもハンバーガーが一番の安全牌です。

そして、そして、今日のメイン!チーズケーキ!!1人で食べる勇気はなかったので、名前はわからないけどいつもとびっきり明るい奥様とシェアしました。
チーズケーキにストロベリーソースがかかってるやつを頼みました。たっぷりの生クリーム付きです。やはりアメリカンサイズ!一口目からがつんとやられる甘さです。。おいしいけど3口目ぐらいからすでにきつくなってきました。
f0194826_14224251.jpg


1人でもりもり食べてる奥様もいましたけどね。うげー。やっぱり日本人にはスティックぐらいがちょうどいいです。
他の奥様が頼んでいたゴディバプレミアムチョコレートチーズケーキがおいしかった!次食べるならこれがいいな。でも3人ぐらいでシェアがいいかも。

さすがにおでかけ続き、外人との接触続きでたいぶ私もお疲れです。。
夕方はお昼ねならぬ夕寝で爆睡。。だるい。。
明日はゆっくり過ごそう~
[PR]

by asami-en818 | 2008-11-25 14:28 | レストラン・カフェ

日本人会で~マリ人と~出会ったぁ

ボストン、本当に寒いです・・・
あまりの寒さに、土日、一歩も外に出ませんでした。。こんな時期に引きこもって、これからどうするんだって感じです。。でも寒い!
うちの家から下を見下ろすと、木の上に巣ができてました。よくよくみるとあちらこちらに巣があります。観察してると、リスの巣でした。
枯葉や小枝、そしてトイレットペーパーまで駆使して巣が作られてました。たくさん木の実を食べたリスはずぼっと、巣にもぐりこんでいきました。
今の時期、死に物狂いで木の実を食べているリスたちは冬は木の上で寒さに耐えるんだと知りましたー。

って、なんじゃこりゃ。まったくもって、つまらんネタです。
当然ですが引きこもっていてはブログネタはないので、金曜の話題を。でも写真が一枚もありません。すみません。。
金曜の夜は第二回ハーバード日本人会がありました。今回はMITの人もいて、もっと広い日本人会です。
場所は、Porter Sqの『KAYA』です。KAYAは何気にもう4回目です。さすがにもうあきました。。

一次会は40~50人ぐらいの人が来てました。焼肉屋(厳密にいうと韓国・日本料理屋)なので席は固定であんまりいろんな人とお話できないのが残念です。
あ、いや、うそつきました。席移動しなくていいから楽といや楽でした。普段の、絶え間なく誰かと話さなければ!という緊張感はなくよかったです。
日本に戻ったら、どんな集まりにでもいけちゃうような気がします。初対面の人と話すの苦手・・そんなこと言っていた自分を蹴飛ばしてやりたいです。言葉が通じるだけあんた幸せだよと・・

今日は当然ながら日本語で話せる集まりです。今日も色々な方にお会いしました。ハーバードメディカルで細胞だか何だかの研究で週7日もラボに通い詰めだという、胸元に「犬」と書いてあるなぞのパーカー(裏はスヌーピーでした。なるほど、だから犬か・・)を着ている医学部の方がいたり、京大出身で大学時代からラオスに行って人類学を学ばれて今はハーバードで経済学を学ばれている方とか。もうみんなすごすぎです。頭のいい人ばっかりですね。

どちらの学校ですか?と聞かれるたびに、「(私学生じゃなくて)主人がHBSでして・・」というのかいたたまれない感じ・・・なれましたけどね。今回、私以外に奥様は、もう1人(私のお友達)しかいませんでした。もっと奥様来ればいいのに~。

料理は食べきれないほど出てきました。。そしてお会計は・・50㌦。。ひょえー。たっけ~

二次会は、近くのスポーツバーでした。日本人の集まりらしく、ぞろぞろと、まとまって移動です。外人が含まれるとこうはいきません。
バーに到着すると、入り口で係りの人がIDチェック。そう。ここボストンではお酒を扱う場に入るときは必ずID(こっちの免許書とかパスポートとか)の提示が求められます。持ってないと入れません。私は持っていたのですが旦那さんが持っておらず・・
お酒呑まないからどうにかならないか?交渉しても「NO~~~~」係りの人は入れてくれません。どうしようかと、入り口で数人で立ち往生すること10分。営業妨害的に立っている私たちにしびれをきらせて、マネージャー登場。事情を説明すると、しょうがない、じゃあ絶対アルコールは呑まない様に、と約束させられて、手の甲に油性のマジックででっかいバッテンマークをつけられてどうにか入店成功!
ま、うちの旦那さんは数分後には洗い落として普通の顔してビール呑んでましたけどね。。

二次会では、今年、ハーバードメディカルを卒業して、ハーバードの関連病院で心理カウンセラーとして働いていらっしゃる女性の方とお話しました。産婦人科でお医者さんと患者さんの間にたってカウンセリングをするらしいです。とっても素敵で重要なお仕事です。日本では産婦人科でいろいろと訴訟問題があるわりに、経営的側面からこうした業務に資金を回すことができずになかなか職業として浸透していかないのが難しいところです。その方も日本での働き方も考えつつ、今はこちらアメリカで実務的にお仕事をされているようです。

そして、日本人会だというのに、外人を発見!なぜに??と思って聞き耳を立てていると日本語ベラベラ!彼はアフリカはマリ出身らしいのですが、京大で建築学を教える教授さんらしいです。日本に19年も住んでいて奥様も日本人だそうです。今は数ヶ月こちらに来ているとのことでした。
私のお友達が彼としゃべりたい!というので帰り支度をしている彼に近づいて友達が英語で話しかける・・私も巻き込まれて話し出す。なんとかかんとか英語で話しました。マリは一夫多妻制で4人まで奥さんが持てるそうで。。私もあと3人夫がほしい!と冗談で言ったら「No~!!!」って言ってました。に、しても男性だけいいだなんて不公平ー。。途中、友達がその場から離れてからは流暢な日本語で楽しく話してくれました。とっても楽しくていい方でした。私がブログやってると言ったら見ると言っていたけれど絶対覚えてないだろうな・・
深夜0時ぐらいまで楽しく呑んでました。奥様はめっきり少なくなってしまったけれど、また次回も参加したいと思います~。これを見ている奥様方!!ぜひご参加を!
[PR]

by asami-en818 | 2008-11-24 15:22 | ハーバード

クリスマスツリー様いらっしゃいませ

昨日、ついに念願のクリスマスツリーをゲットしました!
TARGETでもうセールになっているツリーを発見!88㌦!しかも7フィート(2.2m)と、こちらにしてはちょっとだけ小さめ!希望通りのツリーを発見して即決しちゃいました!
オーナメントも前回来た時よりもずっと種類が増えていて、またいくつか購入しました~クレートアンドバレルよりもずっと安くて、十分かわいいのが売ってました!先輩奥様いわく、サンクスギビング後やクリスマス後のセールではこんなかわいいオーナメントはなかったとのことだったので今のうちにかわいいものは購入!

テンションあがる~!!

そして今日、英語の説明書と格闘しつつ、さっそく組み立ててみました!
格闘っていっても、単に3つに分かれている骨組みをくっつけていくだけなんですけどね。
2.2mなんでやはり日本のものと比べると俄然、大きいですが、先輩奥様方のおうちの7.5フィートよりもちょっと小さいというのはわかります。日本にももって帰れちゃうかも!と期待できる大きさです。

早速、点灯!!

おーっ!!!!!!!!キレイ!感動!

f0194826_15285823.jpgがっ・・・・んっ????なんか光がついていない部分が・・あるんじゃ・・・
よくよく見てみると、同じ電線で結ばれた電球たちが光っていない部分があるじゃないですか!
なにぃ?!
先日買ったクレートアンドバレルのオーナメントも1つ壊れていたけれど、それに続きツリーもか!もうがっくりです。。エレベーターのない4階の我が家にわざわざ運び(先輩奥様の旦那様にあげて頂きました)、やっとの思いで組み立てたというのに、またしまって返品だなんて耐えられない!!
ってことで、もう返品せずに泣き寝入りすることに決めました。
もういいです・・十分光ってるしぃ。
それにしてもアメリカの皆様、お願いですのでちゃんとした製品を売ってください!

ツリーを飾った我が家にお招きする第一号のお客様が、さっそく今夜きました。
旦那さんのHBS友達のダミアンです。彼はスイス人で、同じくHBSに通う中国人の彼女がいます。なのでアジアにとっても興味も理解もある人で、日本が大好きなスイス人です。中国人の彼女も日本に住んでいたことがあって、日本人ってどんな人か、彼女からも聞いていて、日本人は思った通りに本音は言わないとか微妙なところをわかってる不思議なスイス人です。

ボストンに来た当初、旦那さんと私の自転車を買いに隣の駅までダミアンと旦那さんが行った時、私の分の自転車を手でもちながら旦那さんは自分の自転車をこいでいたのですが、さすがに疲れて途中でダミアンに交代してもらったら、ダミアンが交代したとたんに、転倒し、私の自転車は見事大破。タイヤがおかしくなって走れない状態になってしまいました。購入したその日に壊れるというありえない事態。。でもそんな危険な運び方をお願いしたこっちが悪いのでダミアンが大ケガをしなかっただけでよかったのですが、彼はとっても日本人的なハートを持っているのでそれはそれは気にして、私に会うたびにSorryと本当に申し訳なさそうな顔をするのでこちらが申し訳ないと思っていたらある日スイスチョコレートをもってお詫びにきてくれました。どうやら、日本人は大丈夫だよと笑顔でいっていても心の中では怒っているんじゃないかと心配していたようでした。ほんと日本人っぽくてかわいらしい人です。

今日もまたスイスチョコレートを手土産に来てくれました。律儀です。
入るやいなや、ツリーにも感動してくれました~

今日は急遽、我が家で食べることになったので食材がなく、冷凍していたひき肉でハンバーグとポテトグラタンを作りました。ポテトグラタンはチーズたっぷりなので、チーズ大好きスイス人にはうけがとってもよかったです。
f0194826_15201589.jpg


食後は、HBS同士のインターナショナルカップル特有の恋の悩みを聞いたり、アメリカのバカ番組JACKASSを大笑いしながら見たり(内容は下品すぎて、バカすぎてとてもブログでは書けません)、映画を見たりして楽しく過ごしました。
ダミアンは外出していた彼女が戻ってきたらしく、いそいそと帰っていきました(笑)

よーし、明日はツリーにオーナメントをつけるぞ~!
[PR]

by asami-en818 | 2008-11-23 15:32

英語漬け

今日は英語漬けの一日。アメリカで暮らしてるんだから当たり前といえば当たり前なんですが、今日は英語漬けです。

木曜なので、ハーバードネイバーズの英会話のクラスに行ってきました。
まずはクラスのみんな向けにおばあちゃん先生のリーダーが、アメリカンフットボールについて教えてくれました。
ホワイトボードにちゃんとコートを絵で書いて、ハーバードの年季の入った帽子をかぶりながらの熱弁です。
もともとルールを知らないし、英語で教えてもらったしで、いまいち理解しきれてませんが、Harvard VS YALEの対決がかなりの盛り上がりを見せるということはわかりました。うちの旦那さんからも聞いてました。今年は今週の土曜にあるそうです。
このおばあちゃん先生の娘さん2人が、1人はHarvard、もう1人はYALEだからどちらを応援するか困っちゃうのって言ってました。贅沢なお悩みですこと・・ほほほほ・・
この先生が始めて試合を見に行ったのは1968年。この試合はとても、大幅に点差を開かれていたハーバードが残り3分でありえなほどの点数を入れて、29-29の同点で終わったということで有名で「ザ・タイ」と呼ばれているそうです。イエールの新聞では同点と報じられて、ハーバードでは勝ったと報じられたそうです。なんじゃそりゃ。
ま、要するにこの2つの学校の試合は因縁の、かなり盛り上がる試合だということです。今年はどうなりますかねぇ。アメフト、アメリカにいるうちに一度くらいは見てみたいものです。

あと今日はサンクスギビング直前の授業ということでサンクスギビングについても教えてもらいました。
サンクスギビングって、アメリカの行事ってことは知っていたけれど何のことやら中身は知りませんでした。
サンクスギビングは11月の最後の木曜日に行われ、日本語では感謝祭と訳されます。本来、イギリスから来た清教徒達が先住民のインディアン達に農業や漁などを教えてもらい、翌年の1621年に共に最初の収穫を神に感謝することから始まったらしいです。インディアンありがとうってところですね。しかもマサチューセッツ州のプリマスで最初の収穫を終えた後、サンクスギビングが始まったそうですよ。私たちが住むマサチューセッツがサンクスギビングと深い関係があったなんて、奇遇ですね~
で、先生に日本ではサンクスギビングに似た行事はないのか?と聞かれて、考え込んでしまいました。困ったので、国全体ではないけれど、地方の村村では独自の感謝の行事があると答えたけれど苦しかった・・何が該当するんだろう。
お正月にやることとかも説明しました。鏡餅とか、門松とか、しめかざりとか。ほんと日本の文化を英語で説明するのって難しい。。そして私たち若い世代は祝日の意味とか風習の意味とか知らずに育っているなと深く実感。祝日は単に休みでうれし~!っていうだけで何のための祝日なのか結構わかってません。こっちの人たちはいろんなことの意味をちゃんと知ってます。それはすごいなと感心!私も日本のこと学ばないといけないし、子供ができた時にはちゃんと教えてあげたいと思いました。

そんなこんなで話は盛り上がっていたのに、ほんとは16時半までのクラスが、なぜか16時すぎに終わってしまいました。適当大国アメリカです。


f0194826_1410513.jpgそして夜は、旦那さんのクラスのパートナーだけのパーティに行ってきました。パートナーの親睦を深めようというものです。ほんとこういう集まりが多いです。懲りもせず、今日も出動です。
外は昼間でも震えるほど寒いので、夜なんて寒くて、寒くてつらいです。体感温度は氷点下ですね。耳や手先が寒くてしょうがないです。そんな中、ハーバードスクエアまで歩いて15分ほどの道のりを奥様仲間と頑張って歩きました。
今日のお店は「UpStairs on the Square」というところです。かわいいシマウマのマークのお店です。

f0194826_14132386.jpg
f0194826_14135156.jpg


店内は薄暗くて、かわいい照明がたくさんあって素敵な雰囲気でした。21時ぐらいからは生演奏が始まりました。おじいちゃんおばあちゃんが狭いフロアで踊ってました。とにかく雰囲気はいいです。

f0194826_14115287.jpg

料理はちょっと高めかな。今日はCreamy Tomato Soup & Farm House Cheddar Grilled Cheese $12 を頼みました。前菜程度のボリュームですが、みんな全然食べないので1人がっつくわけにもいかず、かわいい小食な女の子きどりなメニューになりました。味はいいです。おいしいです。でもこれで12㌦って・・っていう量です。
デザートは甘い・・つらい・・甘い・・でもおいしい?って感じです。伝わりますでしょうか。。

今日は40~50人はいるであろうパートナーのうち、10人しか来ませんでした。結構知っている人ばかりです。
f0194826_14171582.jpg


大嫌いな自己紹介もありました。英語は苦手だけどみんなと話したいとは思っているからゆっくり話してねと、予防線もはっときました。

当然、日本語を話せる人なんていませんが、お隣に座ったアメリカ人の奥さんが2ヶ月だけ日本にいたことがあるらしく、なぜか東京農業大のことを知ってました。またレアなところを知っていらっしゃる・・なぜに農業大・・
外人って不思議です。農大のこと知ってたので、農大といえばの大根踊りについて教えてあげました。踊れませんけどね。
あとは、日本の女子が料理を何でもかんでもシェアすること、プロ野球の会場できゃしゃなお姉さんがビールサーバーかついでサーブしていることがinteresting!って言ってました。
外人の視点はおもしろいです。

外人との予定が終わるたびに、ほっとして、一仕事終えた感じがします。
帰ってきたら、楽しかった?と旦那さんに聞かれますが、楽しいとはまた違う感覚。
楽しいより、頑張ったが勝るこの状況が、いつか楽しいが勝る日がくるかな~
[PR]

by asami-en818 | 2008-11-21 14:24 | ハーバード

牛丼香る浴衣

今日の夜はHBS主催のイベントであるInternational Food Fairに行ってきました!
これは、各国がそれぞれを代表する料理を出して、お互いの国をもっと知ろう!という素敵なイベントです。世界各国から人が集まっているこの学校。日本にいては食べれない料理に出会えそうな予感です。

毎年、1年生が料理の企画・提供をします。2年生は参加するだけです。
わが国、日本は代々、牛丼を提供しているそうです。しかも去年までは手作り。30合とか40合もご飯を炊いたそうです。相撲部屋もびっくりなボリュームです。本当に、本当に大変だったというお話を先輩方から聞いていたので、人数の少ない今年は思い切ってケータリングにしてしまいました!そして今年は牛丼だけでなくお寿司も頼むことにしました。
今回、牛丼は「ittyo」という日本食レストランで150㌦、お寿司は「genki-ya」という寿司デリバリー屋で220㌦ほどオーダーしました。このgenki-ya、かなりおいしくてお気に入りです。何度か我が家でもオーダーしたことがあります。アジア人パーティの時にここのお寿司を持って行ったら本当に好評でどこの寿司なのか、電話番号を教えてほしいと何人にも言われたほどです。
今日もこのお寿司目当てに大量の外人たちが押し寄せました。寿司、かなり人気です。数に限りがあるもので、1人1カンと制限を設けました。何個もとろうとする外人をとめるのは大変です。「just only one ,please」何度言ったことでしょうか。中には、「私関係者だから、i'm OK!」といって数個もってくやからもいました。何がオッケーなんだか今もわかりません。
お寿司はスタンダードな握りよりも天ぷらが入ったやつとか、巻き寿司の天ぷらとか、彩りきれいな創作系のお寿司が人気でした。あとはうなぎが結構人気。開始1時間ぐらいでお寿司は完売でした!
f0194826_1330827.jpg

f0194826_13315620.jpg


そして今日は、私たち日本人は衣装でも日本をアピールです!
f0194826_13582597.jpg

浴衣は日本から持ってきていたのですが、一人で着たことがなかったので、ネットで着方を検索して、画像をみながら悪戦苦闘!ワンピースのリボンとかもきれいに結べない私が浴衣なんてキレイに着れるのかっ?!
なんとか形にはなりました。多少おかしくても外人にわかるはずもないんです。いいんです!
女子は浴衣!男子ははっぴ!
浴衣が集まると華やかでいいですよね!
でもでも・・本日のボストン、夜はおそらく0℃ぐらい。それより下かも・・昼間でも日陰の水溜りが凍ってたぐらい寒いので浴衣はかなりつらい!会場はあったかいですけどね、移動がつらくて。。

そして華やかなのはいいですが、サーブするには動きづらいことこの上ないのが浴衣。。
押し寄せてくる外人たちにせっせとサーブしていたら、やりそうだとは思っていたのですがやっちまいました・・
浴衣の袖が牛丼の汁に浸かった・・あー・・・
『どこまでも、私を包む、牛丼臭』(字余り)

f0194826_13343579.jpg旦那さんも浴衣を着たのですが、寒いからといって下着のシャツをきたまま、浴衣を着てました・・ちょっといけてないなー・・・おやじっぽいです。

他の国のブースももちろん回りました。これはブラジルのブース。ブラジルは色がなんといってもいいですよね!明るくて惹きつける!チーズパンみたいのがおいしかったです。
f0194826_13355971.jpg



オーストラリアはカンガルーの人形とか置いてあってかわいかったけど、Timtam配ってました。日本のスーパーで買えるし・・


f0194826_13375146.jpgオーストリアは、衣装がかわいかった!胸が大きくないと似合わないであろうかわいい伝統衣装着てました。



f0194826_13382492.jpg一番おいしかったのは、スイスのチーズを溶かしてパンにのっけて食べるやつでした。
目の前でチーズを火であぶってとろけさせて、フランスパンにのっけてくれます。
このチーズのおかげで会場はものすごい異臭に包まれていましたが、味は最高においしかった!

残念なのは、先輩奥様からおいしいよと聞いていたベルギーのワッフルがもう売り切れで食べれなかったこと!来年は絶対食べたい!!

色々と料理はあったものの、あまりの人の多さに疲れて、あんまり食べれず・・
来年はゆっくりと回ってたくさん食べたい!

でも今日嬉しかったのは、こういう場で「Hi!」と挨拶してくれるお友達が増えたこと。
今までのとりあえず集まりには顔を出す作戦が実を結び始めてきたようです。
次回は会話の長さがもっと長くなることが課題です。

とっても楽しい夜でした。
でもやっぱり日本が一番おいしいです!!
[PR]

by asami-en818 | 2008-11-20 14:02 | ハーバード

セレブランチ

先日、ブログ友達でもある桃鹿ちゃんとニューベリーStでランチしてきました。
どこでランチをするか色々考えたあげく、今回はマンダリンオリエンタルホテル直結のセレブな雰囲気たっぷりのL'ESPALIERというフレンチレストランに行ってきました。ZAGATにも載っているし、クチコミサイトでも2位だったので、味に間違いはないであろうと期待していきました。

f0194826_122713.jpg扉をあけると、受付のお姉さんしかいません。アメリカお決まりのご挨拶「How are you?」の次は予約はしている?って聞かれました。開店時刻5分しかたってなくてお客さんは誰もまだ入っていないのに予約を聞くなんてセレブな感じです。
エレベーターでレストランフロアーへあがります。エレベーターもなんかおしゃれです。

レストランフロアにつくと、フレンチ!って感じの高級感に包まれました。久しぶりに背筋が伸びる感じのお店です。
英語もつたなく、そして高級感にのまれっぱなしの私たち。。

f0194826_123186.jpg

f0194826_1235938.jpg


席に座ってからもなかなかメニューを出してくれません。お飲み物は?と聞かれる。ワインを頼まなければならない雰囲気・・にも負けず、「water please・・(有料)」
なんとかやり過ごす。。でもお水もペリエとかおなじみのではなくて、日本でもおなじみセレブウォーターが出てきました。苦笑いの私たち。。
またちょっと時間があいてやっとメニューを出してくれました。ランチは60㌦、30㌦のコースか、アラカルトです。二人とも30㌦のコースをオーダー。
たまにはね!
オーダーもしてほっとすると、ウェイターが、「で、お飲み物はいかがなさいますか?」何っ?!また?!お水だいぶ残ってますけど!目を丸くする私たちにアイスティもありますよと微笑むウェイター。お水で結構とは言えず、アイスティー、プリーズでした。
水分ばかりがたまっていく・・

30㌦のコースは前菜(サラダかスープ)とメイン(お魚とお肉)、デザートです。
私は”栗と洋ナシのスープ、カキとえびをのせて”と”牛のリブステーキ”を頼みました。
スープは・・うーん。不思議なお味。。ステーキはおいしかったです。


f0194826_1253241.jpgデザートは期待していたのですが、フィナンシェの上に乗っているのがアイスクリームだと思いきや、正体不明の中途半端な味のやつだし、右のは、単なる泡みたいで、残念な結果でした~

水分ばかりを摂取して、最終的にはチップもいれて一人45㌦でした。
割高な印象かな~。サービスはすばらしいです。
最後は、ちゃんとエレベーターもよんでくれるし、マカロンのお土産までくれました。
久しぶりのセレブランチでした。

その後はニューベリーをちょっとぶらぶらして、以下を購入。

f0194826_1261744.jpgKIEHL'Sでボディクレンザー、シャンプー、コンディショナーを購入。
KIEHL'SはNY発祥の100年以上も続く自然派コスメの老舗らしいです。日本でも買えるみたいです。私は化粧品は買ったことがないのですが、お風呂まわりのものをいつも買ってます。
こちらに来た当初、旦那さんが買っていたダヴを使っいていたのですが、日本のダヴと違って結構香りが強くてちょっとダメでした。その反動でこんないいものを買い始めていまいました。。結構、このお店の高いんです。日本でもこんなお金かけてなかったのに。。美容院に行けない分だ!と自分に言い聞かせています。。旦那さんは日本から持ってきたサクセス使ってますけどね(笑)
今回買ったこの3点で70㌦ぐらいしたな。。ボストンでの唯一の贅沢品です。

f0194826_121726100.jpgあと、クレート&バレルでクリスマスオーナメントを購入。ツリーも買ってないのに気が早いですが。。かわいいのは売り切れてしまうというので数が少なくてかわいいと思ったものだけ買いました。かわいいぃぃぃ。
そしてPOTTERYBARNでミニツリーも購入。気分はクリスマスに向けまっしぐらです。かざりっけのない我が家もほんの少しかわいげがでてきました。
f0194826_12175477.jpg


今日は贅沢に過ごしてしまいました。まっ。たまにはこんな日もありです!


                                                                                                                                                                                  
[PR]

by asami-en818 | 2008-11-18 12:29 | レストラン・カフェ

バスケは意外とおもしろい

ボストンといえば、野球のボストンレッドソックスが日本では有名ですが、こちら地元ボストンでは、レッドソックスに負けず劣らず、バスケットボールのボストンセルティックス(BOSTON CELTICS)が人気です。レッドソックスは夏に一度行っていたのですが、先週の金曜日、初めてバスケットを観に行って来ました!

BOSTON CELTICS VS DENVER NUGGETSの試合です。
この試合のチケット、額面上は1枚105㌦なのですが、私達のRetail価格は188㌦。さらにDelivery料金やService Chargeなどが加わって最終的には220㌦になってました。なんだこれ!高っ!
このチケット、旦那さんが手配していたのですが、出かける日の夕方になって、チケットはどうなっているのか調べ始めてみると、すでに1ヶ月近く前にDeliverされたという記録になっている!んっ?!うちには届いてないぞ?!どうなってんの?サインの画像をネット上で見てみると、Ronとかいう誰だかわからないやつのサインが・・Ronって誰だ!!
試合開始は20時。HBSのメールセンターがしまるのが17時。大騒ぎしている今は16時半を過ぎている。大慌てで、だいぶ怒りに狂った旦那さんは急いでメールセンターへ。数分後、落ち着いた顔で戻ってきました。手には郵便物。ちゃんとあったようです。それにしても、1ヶ月近くも前に届いてたくせに、うちには何の知らせもなかったなんて、どうなってんだ、この国は!

チケットを無事、手にして、旦那さんと、HBS同級生のTと3人で出発です。

どんなところに、試合会場があるんだろうと思っていると、NorthStationの駅の真上でした。こんなところにあるなんてしらなかった~
開始1時間ちょっと前ぐらいについたら、まだ開場されてませんでした。野球と違って、結構ぎりぎりにならないとあかないみたいです。結構な人数が列を作って待ってます。みんなセルティックスのチームカラーである緑のTシャツやら、ユニフォームやらを着込んでます。全身緑のスーツでばっちり決めたおばちゃんもいました。
かなりの列なので、並ぶのはめんどいね~と列のわきで待っていると、その横で、悠々と入っていくエグゼクティブシートのゲートが・・いいよなー、金持ちは!なんて思っていると、うちの旦那さんが「このチケット、ひょっとしてエグゼクティブなんじゃない?!」そんなはずないだろっ!勝手に値段吊り上げられて220㌦になってるだけだし、そもそもエグゼクティブはもっと高いはずだという真っ当な私の主張も聞き入れず、自信満々で突き進む夫。入り口の警備員に見せると「OK」とのこと。なにぃぃぃ?!こんなことがあるのか?と小躍りしながら入った直後、チケットを確認する係員に見せると、「これは普通のチケットだから君たちは入れない」とのこと。だよねー・・ぬか喜びです。旦那と、入り口の警備員にバカヤロウといってやりたい。とんだ赤っ恥です。

と、いうことで、その他大勢のアメリカ人たちに紛れて、当然の顔して横は入りをしつつ開場に入りました。

初めてみるNBAの開場に興奮です!すごーい!だいぶ上の方まで席がありますが、私たち、まぁ、結構前の方ではありました。十分です。
アップをしている選手たち。近くでみるとやはりでかい。そして、スポっスポっと、ボールがゴールに吸い込まれていきます。やっぱりプロってすごい!
アメリカでスポーツ観戦といったらお決まりのホットドッグも食べました。おいしーい。野球の時よりおいしいかも。


f0194826_1052957.jpg

いよいよ、開始です。開場を盛り上げる音と光。さすがエンタテイメント大国アメリカ。ぞくぞくします!開場上の大画面ビジョンに、開場入りする直前の選手たちの意気込む様子、駆け出し、開場入りする様子が写った時にはほんとテンションあがりました!

f0194826_1023261.jpg


バスケットボールなんて、小学校の時にやったぐらいであまりルールも知らなかったのですが、NBAの試合は12分4クオーター計48分で、どうやらプロは、どちらかのチームがボールを持って攻め始めたら、24秒以内にゴールを決めないと相手にボールが渡ってしまうらしいです。初めて知った!なのでさくさくとゲームが進みます。これもまた野球と違っていいところ。

そして感動したのが、開場の盛り上げ方!中央の大画面ビジョンに掛け声が写り、わかりやすい音楽でみんなで応援します。守りの時はみんなで「ディーフェーンス!ディーフェンス!」って叫びます。
タイムアウトや休憩時間には、開場にたくさん取り付けられたカメラで開場のお客さんを映し出すのですが、このカメラマンの笑いのセンスがすごい!携帯電話で話しているおじさんをズームして「リンリーン!リンリーン!」っと、電話の音の効果音を出しておじさんが気づくまで鳴らし続け、気づいたおじさんが「オーマイゴッド!」みたいなリアクションをして笑いをとったりします。

f0194826_1063569.jpgこんな画面を映し出して、映し出された2人は必ずキスしないといけないという盛り上げ方もします。アメリカ人ってすごくて、驚きつつもみんな当たり前に、チューしていきます。日本じゃ成り立たないですね~たくさんのカップルを狙ってチューさせまくった最後は、ある選手と審判の2人の映像で笑いをとってました。さすがにチューはしてませんでしたけどね!

f0194826_1072325.jpg応援中も、みんなの声援のボルテージをあげるために、こんな画面で盛り上げてました。欽ちゃんの仮装大賞と一緒であと少し!ってなるとみんな躍起になって声張り上げてました。

すごくエンタテイメント性もあるし、ゲームもさくさく進むしで、かなりエンジョイしました!残念ながら結果は85-94で負けてしまいましたが、こういう僅差の試合の方が盛り上がって楽しいとも聞いたのでよしとします!僅差で勝つのが一番いいですけどね~

今度は安いチケットで観に行けたらいいなと思います。

ボストンに来たら野球とともにバスケも是非観てみてください♪
熊がクローバーくわえて待ってまーす♪
f0194826_10162755.jpg

[PR]

by asami-en818 | 2008-11-17 10:24

初めてのベイビーシャワー☆

今日は、生まれて初めてベイビーシャワーというものに参加してきました。
ベイビーシャワーとは、アメリカではよく行われているイベントで、赤ちゃんの誕生を祝うパーティです。日本はよく、生まれた後にお祝いに行ったり、プレゼントを贈ったりしますが、こちらアメリカは考え方が現実的でして、妊婦さんにとっては、生まれてから慌しい時期に行うよりも、体調が安定している出産数週間前に行ったほうが楽だし、贈り物も、何がほしいか聞いたりすることもよくあるそうです。
f0194826_154792.jpg


ベイビーシャワーは女子だけでやることが多いみたいで、今回もそうでした。外人奥様たち5人と一緒に開催です。会場は別のフランス人奥様の部屋で、飾りつけはアメリカらしく、たくさんの風船です。アメリカでは何かっていうと、風船を飾ります。この風船、私ずっと、セロテープかなんかでくっつけていると思ったのですが、これ、なんと静電気でくっつけてるんですよ!服に風船をこすりつけて、天井にくっつけると、あら不思議!ぴたっと張り付くんですね~!ちょっと感動しました。
今回の主役は、このブログでもよく登場してくるフランス奥様でして、彼女はとってもシャイなので、こうしたお祝いをやるよ!というと照れてしまうので、内緒で計画してました。サプライズで会場に呼び出し、1歳半のネイサンくんと一緒に登場!フランス奥様よりも、ネイサンくんの方がびっくりしてました。突然たくさんのレディースが現れたもんだから目をぱちくりしてました。


f0194826_1552575.jpgパーティは15時開始だったので、それぞれがお菓子をもちよることになってました。私は先日も作ったアップルパイです。今回はばっちり成功です!でも他の奥様たちは、1人を除き、ただのフルーツ盛り合わせだったり、チーズ&クラッカーであったり、チョコレートだったり、意外と簡単すぎるものばかりでした。そのおかげけ何なのか、アップルパイ、かなり好評でした。

プレゼントは、実用的なものをベースにほら、こんなにたくさん!お祝いされる妊婦さんって本当に幸せですよね~
おむつやおしりふき、哺乳瓶や、たくさんの赤ちゃん服、靴下や帽子などなど。結構GAPで購入してました。なかなか赤ちゃん用品って見ることがないので、かわいくて感激でした。

f0194826_159139.jpg
f0194826_159354.jpg


そして、いくつかゲームをしました。ゲームって、もちろん英語です。げっ。これが来る前からずっと憂鬱でした・・


f0194826_1572053.jpgその①:妊婦さんのウエストはどんだけ大きいんだ?!クイズ
これは英語関係ないので、ほっとしました。ちなみに103cmでした。

その②:マタニティに関する英単語を2分間でどれだけ書けるかクイズ
き・・き・・来たーっ!こんなのゲームっていうか、私にとっては試験としかいいようがない。こんなの書けるかー!みんなサラサラと書いていく中、一人地蔵になる私。2つしか書けませんでした・・
他の人は30個とか40個書いてました。私だって!私だって、日本語なら書けるもん!!(意味のない強がり)

その③:フランス奥様と旦那様の名前のスペルそれぞれから始まる子供に名づけるのにいい名前を考えるゲーム。奥様はAUDEという名前なので、Aから始まる名前、Uから始まる名前、Dから始まる名前、Eから始まる名前を考えるといった感じです。
旦那さんの名前がまた長くって・・そんなにたくさん外人の名前なんて知らないし!しかもフランス人の名前なんて知らん!これも完全に地蔵になってましたよ。頑張っても全部埋まらず・・順番で発表しないといけず・・私全部埋まってないからと言って流そうとしたら、「いくつか書いてるじゃん!ほら!ほら!」みたいに言われ、仕方なく発表・・とんでもない名前いってるんじゃないかとひやひやしつつ・・みんな温かく見守ってくれて、goodを連発でした。まるで幼稚園児の幼児教育みたいです・・でもみなさんありがとう!

その④:hairやeye、intelligenceなと、それぞれの要素について、お母さんとお父さんどちらに似てほしいと妊婦さんが思っているかをあてるゲーム。
これは英語あんまり関係なかったけど、全然あたらず・・私全然、フランス奥様のことわかってないな・・

って感じでした。私、よく頑張った!

2時間半ぐらいいましたけど、会話もなかなかできなくて。。奥様方の話すペースは速くってね・・
そんな私の心のよりどころはネイサンくん!彼と遊んでいれば、その場になじんでいる雰囲気になれる!フランス語じゃないと通じないですけどね(苦)でもほんと外人の子はかわいいです!

今回はちゃんと準備も手伝えなかったし、ダイパーケーキ(たくさんのおむつを丸めてつくるケーキに似せたもので、その中にプレゼントをしこむのです)も今回は作れなったし、今度は日本人の誰かにベイビーシャワーをやって、ベイビーシャワーを満喫したいなと思いました。地蔵にならなくて済むし。
日本でもベイビーシャワーがもっと広まればいいのに!

そして今日はまだ外人との交流が続きます。
夜は、HBSのPartnar's Club主催の交流会がありました。また、だだっ広い会場でまずい食事が並べられた中で立ちっぱなしでひたすら喋りまくりです。当然私は会話に参加しているふりしまくりな訳です。うなずきながら笑う、驚く、「Really?!」「Wow!」をひたすら繰り返す。進歩がなくてすみません・・最近何しているの?と聞かれたので、ナンタケットバスケットの教室に通い始めたといったら、何じゃそりゃ?って感じで全く盛り上がりませんでした。日本人にしか通じない話題のようです・・

そして、この日はまだ終わりません。そのあと、今度は旦那さんのクラスのgirl'sイベントで学生の子の家でワイン&チーズパーティがあって、それにも行ってきました。頑張るな、あたし・・もうベイビーシャワーが終わって一度家に帰ってきた時点で、だいぶ行きたくない症候群にかかっていたのですが、行かないと取り残される・・英語話せないんだからせめて参加しないと・・という恐怖心だけが私を突き動かします。
でも行ってみたら意外と楽しめちゃいました。ここの家がすごくって学校からは少しだけ歩きますが、すごいマンションで、フロントにおじさんが常駐でした。廊下に素敵な絵とか花瓶とか飾ってあるような高級そうなマンションです。ここに一人で住んでるの?!って思ってしまうぐらい素敵な部屋でした。中はたくさんの女子。同じクラスの学生&奥様なので結構知っている人が多いです。でもここもまた立食でうろうろしないといけないので、一人あぶれないように必死でした。

長い、長い一日でした。
昨日の夜は、行きたくないよー、憂鬱だよー。と旦那に騒ぎまくっていましたが、無事、今日一日が終了。
よく頑張ったあたし!
[PR]

by asami-en818 | 2008-11-14 15:22 | お友達