「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:イエローストーン( 4 )

イエローストーン④:Mammoth Hot Springs

Mammoth Hot Springsで有名なのが、この光景!
f0194826_18415074.jpg

これは、温泉に含まれる石灰が長い年月に渡って蓄積しできたものです。
すごい光景ですよね!こんなものが自然の力でできるなんて、ほんと不思議。
これもみたかったものの1つ。
f0194826_18421074.jpg

f0194826_18422328.jpg

f0194826_18421891.jpg


とにかく自然を満喫しまくったイエローストーン。
車でまわるだけでなく、山登りもしてみたり・・

絶景と言われる池?沼を見に行ったり・・
(行けども行けども、見当たらず、若干ケンカをしつつ進んでようやくたどり着いたら超微妙だった・・まぁこれも思い出。)
f0194826_18433418.jpg

f0194826_18434251.jpg


イエローストーンレイクに行ってみたり・・
(湖一面まだ凍っていて、静寂そのものだったけど、カワウソ見れたし!・・これもいい思い出)
f0194826_18451152.jpg


でもやっぱりたくさんの動物たちが見れて、ここでしか感じられない地球のエネルギーを感じて、本当に貴重な経験、旅となりました!
いよいよ終盤!イエローストーンから、Grand Teton National Parkへと移動です!
[PR]

by asami-en818 | 2011-11-18 18:46 | イエローストーン

イエローストーン③:アメリカで温泉♪

翌日は、パーク外のホテルに泊まるため、North Entrance付近のガーディナーというエリアを目指して移動です。
チェーン展開している普通のホテルに泊まりましたが、ほんとキレイだし、安いし、広いし、アメリカのチェーンホテル最高です!
今回泊まったのはComfort Inn Yellowstone North。お風呂が大きくて感激でした。目の前に川が見える部屋にしました。
ほんと、ここはよかったな~
f0194826_183145.jpg

f0194826_183265.jpg



そして、このエリアに来るにあたって楽しみにしていたのが、川沿いにある温泉!
ここはパーク内にあって、ノースエントランスの手前にあります。
f0194826_1861975.jpg

f0194826_1862911.jpg


f0194826_1872148.jpg
f0194826_1884885.jpg
本当に川沿いにあるんです!
当然、日本のように裸で入っている訳ではありませんが、水着に人が多いです。
私たちは足だけつけてきました。川沿いだからぬるいんじゃ??なんて思っていたのですが、これが熱い!結構熱い!
水着でつかるぐらい深いところの方がいい温度なのかもしれないです。
思いがけず、アメリカで温泉楽しんじゃいました♪

f0194826_188588.jpg

[PR]

by asami-en818 | 2011-11-18 18:13 | イエローストーン

イエローストーン②:地球のエネルギーを感じる間欠泉!

2日目は、公園内のロッジに宿泊です。
せっかくだし、1回ぐらいロッジに泊まろうじゃないかと!
Old Faithfulという、間欠泉が多数あるエリアのロッジです。
間欠泉とは、一定周期で水蒸気や熱湯を噴出する温泉のことです。温泉というと、ぽこぽこと湧き出ているようなイメージですが、ここは全く勢いが違います!高さは数十メートルにもなります。
f0194826_16472762.jpg

イエローストーンは、北アメリカ大陸最大の火山地帯だそうで、今でも地下にはマグマがボコボコと潜んでいるような状況です。これまでに約220万年前、約130万年前、約64万年前と、計3回の大爆発があったそうで、実はそう遠くないうちにまた噴火が起こる可能性があるんだとか。地球の広範囲を黒い雲が多い、大寒波がやってきて深刻なダメージをもたらすなんて、こわい話しもあったりするようですよ。ノストラダムスの大予言みたい。。
ここは公園内でも特に、活発なエリア。あっちこっちに、噴き出している間欠泉が見られます。
f0194826_16502117.jpg

f0194826_16503260.jpg

f0194826_1650351.jpg

特に大きくて、頻繁に噴き出しているのが見れることで有名なのが、ロッジ前にあるオールド・フェイスフル・ガイザー(The Old Faithful Geyser)です。
しかも一瞬吹きあげる、というわけではなくて、5分間ぐらいずーっつと、噴き上げているんです。すごい迫力!
f0194826_16512065.jpg

1時間から1時間半間隔で噴き上げていて、その時刻がロッジにもちゃんと書いてあります。
予定時刻近くになると、みーんなこのガイザーも周りに集まって来ます。
f0194826_16513349.jpg

でもこの日は、そのお隣にあった別のガイザーが噴き出していて、なんと1時間近くもずーっと噴き出してました。
どんだけ地下で熱が発生してるんだ~!?と、地球の底に秘められているパワーを感じずにはいられませんでした。地球って生きてるんだなぁと。
こんな、地球のパワーを感じる場所って他にはないですよ!すごくいい経験。なんだかパワーをもらいました。

このエリアはほんと、いろんなガイザーがあるので、探索できる遊歩道があります。
f0194826_1652170.jpg

f0194826_1652466.jpg

しっかりまわると1時間以上かかります。私たちは朝、行ったのですが、あるガイザーの前でじっと待っているおじいちゃんがいまして。そこのガイザーは数日間おきに噴出するそうで、ちょうとこの日が噴出のタイミングってことで何時間もそこで待っているとのことでした。超寒い中、じっと待っている・・すごいなぁ。。自然の力ですからね、いつ来るかなんてわかりません。
私たちもちょっと待っていたりしたのですが、あまりの寒さにとても待っていられず、移動したら、数分後にどばーっと噴き上げてました。遠くから私たちは拝見しました。もう、あっちこっちで、噴き出してます!

この遊歩道の一番奥に、私が見たかった、モーニンググローリープールがありました!ここは噴き出すような間欠泉ではなく、温泉のようなものです。
f0194826_1653765.jpg

様々なバクテリアがこの水の中にいるために、モーニンググローリー(朝顔)とも呼ばれるなんとも神秘的な美しい色を創り上げているそうです。周辺のオレンジや黄色はそのバクテリアによる色で、中心は高温でバクテリアが生きられないため、そのままのブルーの色になっているそうです。へぇ~。
こんな吸い込まれそうな色なのに、その原因が微生物とは・・驚き・・どんな種類の微生物がいるかによって水の色合いが変わるそうです。
この日は朝早かったのでまだ、日差しがあたらず以前写真でみたような透明感まではいまいちでしが、それでも本当にきれいでした!
f0194826_16531068.jpg

私たちが泊ったロッジは、Old Faithful Lodge Cabinsというところで、しかも私たちはロッジではなく、キャビンに泊りました。
f0194826_16552286.jpg

キャビンとは、1つ1つ部屋が独立しているコンテナみたいな部屋です。
ロッジだと、共同のシャワーとのことだったので、それは嫌で、私たちはキャビンに。キャビンだと、独立したシャワーとトイレがあります。
決して広くはないけれど、きれいなキャビンで充分でした!(でも、オフシーズンなのでちょっと値下がりしているとはいえ、お値段はそこそこします。ならば、公園外のチェーンホテルの方が広くてきれいで快適だから、わざわざ公園内に泊る必要はないなというのが私たちの感想でした)
ホテルのロビーからはガイザーがばっちり見えました。
f0194826_16554694.jpgf0194826_16554954.jpg

私たちのロッジの隣に、有名な歴史あるホテルがありまして、見学に行ってきました!
Old Faithful Innというホテルで、ロビーが素敵すぎる!!
f0194826_16563355.jpg

丸太でできたぬくもりがあってほんと素敵!ここは予約でいっぱいでとても駆け込みで泊れるホテルではありません。
お茶だけしてきましたが、それだけでも癒されました。ピアノの生演奏もやってました。
この有名ホテルでもシャワーは共同ということを聞いていたので、どんなもんじゃい?!と、宿泊者でもないのに覗いてきました。
汚くはないけれど、やっぱり私はジャパニーズ。こんなシャワーじゃ癒されん!って感じの区民プールなんかでありがちのシャワーでした。

おまけ:
ここは、Old Faithfulに向かう途中、Norrisという地区周辺で見つけたガイザー。
ここも、美しい緑の川になっていて、素敵でした!あまりに澄んだ緑に釘付けでした!
私、すっかりガイザーの虜になってました。一見の価値ありです。

f0194826_17132452.jpg


f0194826_17133641.jpgf0194826_17134798.jpg


つづく。
[PR]

by asami-en818 | 2011-02-05 17:06 | イエローストーン

イエローストーン①:移動は大変!

f0194826_13594373.jpg

いよいよ、イエローストーンです。
最後のアメリカ旅行、行くならここ!絶対ここに行っておかないと!と思っていた場所でした。
目的は、たくさんの動物を見ること!そして何より、旅行本で見たMorning Glory Poolを見ること!この吸い込まれそうな色を自分の目で見てみたい!

国立公園って日本からなかなか行かないですし、イエローストーンって本当に行くのが大変なので時間のある今のうちじゃないと行けないという思いから、最後の旅行はここに決めました。

が、イエローストーンのベストシーズンは夏。冬は雪も多く、厳しい寒さ。。雪に覆われる冬の期間がとっても長いんです。
私たちが旅行した5月ですら、ようやくゲートがオープンするぎりぎりの時期。寒さ、雪は覚悟でした。

イエローストーンはほんと巨大な公園です。地球の歩き方によると・・
”南北に約102km、東西間は約87km、面積は、約8979平方kmと東京都の約四倍もある広大な公園”だそうです。
一日で回るなんて本当に無理です。今回、私たちはイエローストーンに4泊、お隣のグランドティトン国立公園に2泊してきました。

f0194826_1405100.jpg
イエローストーンには夏だけ利用できる公園内の空港がありますが、当然この季節は利用できず。
色々な行き方がありますが、あいているゲートを確認しつつ、私たちはソルトレイクシティから、West Yellow Stoneを目指しました。
レンタカーで320マイル(512km)約6時間の道のりです。
ソルトレイクシティ自体、山に囲まれた場所に街だけがあるようなすごい田舎なんですが、そこからひたすら続くハイウェイを北上します。旦那さんと交代しながらの運転です。
ロッキー山脈を横に眺めながらのドライブ。最初は気持ちがいいんですが、もうひたすらまっすぐ進みます。
f0194826_1402826.jpg

f0194826_1404257.jpg

ラスベガスからイエローストーンの入り口までくるのに一日がかりです。この日はなーんにもできず移動で終了。
この日はWest Yellow StoneにあるBest Westernに宿泊。言わずとしれたチェーンのホテルですが、アメリカではこのチェーンのホテルがなかなかいけてます。
今回この旅ではだいぶお世話になりまして、安いし、キレイだし、文句なしです。1泊2人で80㌦ぐらいかな。

イエローストンは公園内には限られた宿泊施設(ロッジ)しかないため、予約困難で、料金もお高め。そして古いところが多い。。
ということで、私たちはできるだけ公園外にあるチェーンのホテルをとるようにしてました。
とはいえ、公園の中央エリアに行ってしまうと、いちいち公園のゲートまでまた戻ってくるのも大変なので、ロッジも利用しつつの計画立てが必要でした。
私たちが予約をしたのがぎりぎりだったので、自分たちのコースと、ロッジの空き状況をあわせるのが結構大変で。。おまけにゲートがオープンしているかのチェックも必要。。
この季節に旅行をする人は気をつけてください。

【2日目:West Yellow Stone⇒Canyon village (滝と渓谷の絶景を目指す!)】
この巨大公園を旅するには、ガソリンと食糧の確保も重要です。
栄えているゲートであらかじめ確保しておきましょう。
West Yellow Stoneは最も栄えているゲートなのでここでゲットして、2日目は出発です。
イエローストーンはエリアで全く見える景色が変わります。一日一日、どこのエリアにいくか計画をして進みます。
この日はCanyon villageを目指します。
イエローストーンの敷地内に入ってしばらく車を走らせると・・
いました!いました!バッファロー!あっち、こっちにバッファロー!道路をのっしり歩くバッファロー!
f0194826_1411729.jpg

f0194826_1413594.jpg

f0194826_1414447.jpg

公園内では動物優先です。安全に通りすぎます。のんびりしてそうなバッファローですが、狙われたら大変なことになるので、近くで見ることは禁止されています。
少し距離をおいて、観察。
最初こそ、テンションがあがったものの、いるわ、いるわ、バッファロー。この旅でよく出会いました。
公園に来てから本当にたくさんの動物に出会うので、双眼鏡があったほうが絶対いいです!本格的な双眼鏡を持ってる人がたくさんいました。
私たちもたまらず、売店で買っちゃいました。

他にはなんとクマにも遭遇しました!
f0194826_142142.jpg

公園内には、グリズリーべアー、ブラックべアーという2種類の熊も見れたし、オオカミやムース、鹿、リス、など本当に多くの動物に遭遇しました。
f0194826_1435062.jpg


そのたびに車をとめて、双眼鏡を眺める。たいてい、道路の途中でみんな車をとめて見ているので、何かの動物がいるんだなというのはすぐわかります。
公園内を移動するのはかなり距離もあって時間もかかるのですが、こうやって動物たちとの出会いがあるので飽きません!

この季節は道路の補修工事なんかもやっていて、山道の片側通行の場所があったります。その場合、長い時は30分も車を止めさせられて、向こうからくる車がゆきすぎるのを待たされたりします。
そんな普通ならいらっとくるような時間も、エンジンをきって、川の流れだけに耳を傾けて待つ、なんとも穏やかな気分にさせられてしまうので不思議です。

そしてたどり着いたCanyon village。ここには、滝を間近に眺めることができるトレイルがあるのですが、雪で覆われているこの季節はやってません。残念。。
f0194826_1472662.jpg

ルックアウト・ポイントという場所から滝を眺めながら、買ってきたサンドイッチでランチです。気持ちがいい!
まぁ、でもグランドキャニオンに行ったばかりなので、なんか似てるよね・・って感じです(笑)
f0194826_1452660.jpg


つづく。
[PR]

by asami-en818 | 2011-02-02 14:09 | イエローストーン