カテゴリ:旅行( 9 )

ナンタケットといえば、やっぱりバスケット!

引き続きナンタケットについてです。
ナンタケットに来たからにはバスケットのお店ははずせないわけでして。
バスケットにつける飾り専門のお店なんかもありまして、素敵飾りは多数あるものの、お値段も、ほほーっ。って感じです。
バスケットのお店に行って、何気なく飾られたネックレスがあったので見てみたら、お値段720㌦!小さな小さなバスケット(2~3cm)がついているので、これを作るにはかなりの技量が必要だと思うのですが、予想以上の値段に一同驚き!

f0194826_1056361.jpg


素敵なバスケットもたくさんあってもうため息ばかり・・お値段もため息ですが・・

f0194826_1057123.jpg

f0194826_10573070.jpg

f0194826_10575986.jpg


ちょっと買えそうにない値段だったので、安くて有名なお店へ。こちらは100㌦以下のものもあるお店なのですが、上質なお店を見ちゃうとね。。でもこれはこれと割り切ればこれも全然ありです。
とはいえここはぐっとこらえて我慢しときました。家に2つ、自分で作ったのがあるしね。上質なバスケットを見たら、あー、もう1つぐらい作ればよかったなとちょっと後悔。。
バスケット片手に持ったマダムをこの日何人も見ました。

ほんと街では何気ない場所でもバスケットを発見。いいですねぇ。

f0194826_105912.jpg



ナンタケットバスケット柄の車も発見!

f0194826_1131794.jpg



バスケット以外にも、センスのいい雑貨店がいくつか並んでいます。どれも海を感じるもので、とってもかわいい☆

f0194826_1105536.jpg


ウエッジウッドのナンタケットシリーズはナンタケットバスケットの編み目模様がデザインされたシリーズ。
ボストンの記念にと、日本に持ち帰る奥さんも結構多いみたい。ここナンタケットでももちろん見かけました。
やっぱり欲しいなぁ。これはレンサムに出かけてゲットしないと!

f0194826_1112686.jpg



ナンタケットの家はグレーで統一されています。捕鯨博物館の屋上から見た町並み。

f0194826_112588.jpg


ナンタケットには決して派手な見どころはないけれど、シンプルな、そして上品な独特な雰囲気の漂う島。
アメリカマダムの憧れの街というのも何だか納得。
あのラルフローレンのブランドイメージはこのナンタケットだそうで。知らなかったなぁ。もちろん島にもラルフローレンのお店があって、このお店限定のものは何かと聞いたらTシャツとかキャンバス地のバッグとかありましたがお値段もそこそこするのであきらめましたが、今思うと記念に買えばよかったかなと思ったり。。
今度は!って言いたいところですが、ボストンをもうすぐ離れる今、今度ってあるのかなぁ??
ナンタケットの上品な雰囲気に合う素敵マダムになったら、今度は黄色いスイセンで飾りまくったでっかい、帽子でもかぶっていつかまた来れたらいいなぁ~

f0194826_1174497.jpg

[PR]

by asami-en818 | 2010-04-27 11:11 | 旅行

ナンタケット島のスイセンフェスティバル

昨日、ナンタケット島のDaffodil(スイセン)Festivalにお友達と行ってきました!

f0194826_12151240.jpg


ナンタケット島は、ボストンの南にある小さな島で、欧米人憧れのリゾート地でボストンからは車でハイアニスまで1時間半、そこからフェリーでさらに1時間かかります。
ボストン在住日本人奥様にはおなじみのナンタケットバスケットでも有名な島で、私もちょろっと習っていましたが、帰国を前にしてようやく島へ行ってきました!
しかも年に一度、オンシーズンの幕開けとなるスイセン祭りの日に行けました♪
ナンタケットは風が強く寒いと聞いていましたが、この日はすっごくいい天気!島の人いわく、8年いるけど、このフェスティバルの日がこんな暖かくいい天気なのは初めて!とのこと。私たちラッキーじゃーん♪

スイセン、そう黄色い花のあのスイセン。祭りの名前になるぐらいですから、街にもたくさん咲いてます。今ちょうど見頃!そしてこの日は、街にくる人もみーんなスイセンの花で飾りつけてやってきてます。
首痛めませんか?ってぐらい大きくてド派手な帽子をかぶったマダム多数、かわいく黄色でコーディネートしたちびっこ多数!街は黄色でいっぱい!

f0194826_12172826.jpgf0194826_1218827.jpg

f0194826_12202064.jpgf0194826_12205055.jpg

f0194826_12211712.jpgf0194826_12214493.jpg

しかもこの日はドッグパレードもあったので犬も黄色でコーディネート!フェリーでわざわざやってくるのですが、小型犬のみならず、でっか!って驚くぐらいのサイズのワンちゃんも多数!
みーんなかわいく着飾ってましたよ♪

f0194826_12233646.jpgf0194826_1224417.jpg

そしてこの日はクラシックカーのパレードもありまして、これもスイセンでデコレーション!ユニークなデコレーションが多くてとっても楽しい☆

f0194826_12274621.jpgf0194826_12282067.jpg

f0194826_12302684.jpg

f0194826_1230585.jpg


スイセン祭りの日に来たのですっごく楽しませてもらえました☆


f0194826_12333040.jpgそしてランチはFOG ISLAND CAFEというお店へ。
まったくレストラン情報なく、出発したのですが、フェリーで隣の席だった家族に聞いたら(私ではなく、英語が堪能なお友達が聞いてくれました。。)、このお店がおすすめとのことで行ってみました。
アメリカンな感じのお店なのですが、せっかくナンタケットに来たということで、Nantucket Fishcakes, Benedict-styleとういナンタケットっぽいやつにしてみました。エッグベネディクトのマフィンをフィッシュケーキに変えたやつですね。とってもおいしかった♪

お次は岬にある灯台へ。こじんまりした灯台ですがなかなか素敵♪

f0194826_12383464.jpgf0194826_12391241.jpg

今回のフェスティバルにあわせて、ここもスイセンでデコレーション。
砂浜にはものすごい数の貝!今回はお友達のお子さんも一緒で、その子供たちが次から次へと貝を拾ってくれまして。私たち女性3人(彼らの親以外で)いたのに、みーんなにもれなくあげるあたり、なかなかのナイスガイ。モテ男になるかも?!(笑)
小さな子と遊ぶ機会もなかなかないので、どう遊んでいいやら最初は戸惑いがちでしたが、なかなか楽しかったなぁ。

f0194826_12501662.jpg

[PR]

by asami-en818 | 2010-04-26 12:51 | 旅行

ヨーロッパ旅行にいってきます。

今日から、約1ヶ月間旅行に行ってきます!
イギリス、フランス、イタリア、スイスに行く予定です。

インドにいる旦那さんとロンドンで待ち合わせ。
海外で待ち合わせなんて私も成長したもんです。無事会えることを願って。。。

行ってきまーす!
[PR]

by asami-en818 | 2009-07-27 05:34 | 旅行

新緑のニューハンプシャー

旅ばかりが続いてますが、またちょっくら旅に行ってきました。
f0194826_12145289.jpg


旦那さんは試験が近いため、なかなか一緒にボストン観光をすることもできず、またボストンという小さな街しか案内できないのでなんだかなぁと思っていると、旦那さんが金曜の授業終了後から1泊2日で近場で旅行に行こうと言い出しました。こういう、いつでも少し余裕をもって、家族のために考えてくれるところはいつも感謝しております☆ありがとう、旦那さん!!
と、いうことでニューハンプシャー州の湖水地方(Lakes Region)に行ってきました。
ボストンから車で2時間ぐらいです。
14時半の授業終了後にホテルを予約して、でかけていったので、明るいうちに湖が見れるか心配でしたが、最近すっかり日も長くなっているのでしっかり、見れました!
ボストンでも自然が多くて気持ちがいいと思ってましたが、ニューハンプシャーまで来ると、さらに自然が増えて、空気が本当にきれいで気持がいい!
f0194826_1215412.jpg


今回のホテルはThe Mill Falls Inns&Spaというウィニペサーキ湖畔に4つあるリゾートグループで、今回はその中でもChurch Landingというレストンもスパもある一番大きなところにしてみました。

f0194826_1237015.jpgf0194826_12373360.jpg

ロビーも木がたくさん使われていて、ぬくもりのある、とってもいい雰囲気!
いたるところに白樺の木が使われています。机とか、タンスとか、ゴミ箱とか!
ロビーには、1000ピースほどのジグソーパズルがおいてあって、みんなで少しずつはめていって完成させるようになってました。
私たちも少しだけとおもってやったら意外とはまっちゃいました!みんなで少しずつやるってのが、なんだか素敵ですよね!

今回は3人で1部屋に泊まるということもあり、広々したほうがいいだろうと、スイートルームなんてとっちゃいました!
っていってもスイートの中では上から2番目。値段もそんなに高くはないです。
でも部屋に入ると、広いは広いけど、床にはごみが落ちてるし、イスの上にはほこりが・・明らかにしばらく掃除されていない雰囲気!
これは黙ってられん!と、文句を言え!とお母さんと私で旦那をせかし、電話をさせると、無料でグレードアップしてくれました!
たぶん一番いい部屋に。今度はちゃんと掃除された形跡のある部屋で一安心。

文句ばかりたれる女二人に、お疲れ気味の旦那さん。ご苦労さまです。

落ち着いて外を眺めると、湖はとっても静かで、とてもきれい!
心が癒されます。
でーも!テラスは虫が飛びまくっていて、とても窓はあけておけない。。とほほ。。

夕食はホテル内のレストランに行きましたが、入った瞬間に異臭が!!嗅いだ事のないいやな匂い・・・
なんだこれは?!と文句をたれる私とお母さん。
原因は私たちの後ろに座ったおじさんの体臭と、近くに座るおばあちゃん集団の香水。。
このホテル、おばあちゃんおじいちゃんばかりいます。。いいホテルって証拠でしょうが、若さを吸い取られてしまいそうです。
あ、ご飯はおいしかったです。
初めてクラブケーキなるものを食べました。
カニの身で作ったハンバーグみたいでした。ニューハンプシャーのベスト2008に選ばれたらしいです。おいしかったけど、ニューハンプシャーで何件の店でクラブケーキ作ってるんだろうか・・分母がどれだけの1位なのかちょっと意地悪い疑問もでたりして・・(苦笑)

翌日はせっかくなので少しドライブに。
キャッスルインザクラウドに行ってみました。
途中には、滝があったり、緑豊な道があったり、新緑の季節を思う存分満喫しました~。
自然って最高~

f0194826_12215184.jpgf0194826_12222689.jpg
f0194826_1223176.jpgf0194826_12291250.jpg


このキャッスルインザクラウドとは、ウィニペサーキ湖を見下ろす山頂に立つ邸宅で、昔プラントさんというお金持ちが建てたお屋敷です。
f0194826_12304310.jpg

とっても素敵なお宅ですが、このプラントさん夫婦、晩年は家庭内別居状態だったようで、ベッドルームは別だし、旦那さんの秘密の小部屋があったりして、ちょっとおもしろかったです。
小部屋ってほんと小部屋でかがまないと入れない1畳ぐらいの小さな部屋です。男のロマンでしょうか・・
なんて、くだらないことばかり私は考えてましたが、お母さんには楽しんで頂けたようです♪

f0194826_12311335.jpgf0194826_12313726.jpg



湖水地方、紅葉の燃えるような真っ赤な季節に来るのが有名ですが、新緑の気持ちいい季節に行くのもとってもよかったです!
また秋に来てみたいな~
[PR]

by asami-en818 | 2009-05-11 12:33 | 旅行

ケープコッド旅行記③:ホエールウォッチング!

f0194826_6201682.jpg2日目は、ケープコッドの先端、プロビンスタウンという街へ移動です。
心配していた天気も、この日はなんとか晴れてくれました。でも寒い。。ほんとに寒い。。
全く海に適していない日です。
ドライブ旅行なので移動もとっても楽~♪(私、運転してないからですけど。。)
時間があれば、旧道のMA-6Aを通ると、街の雰囲気を味わいながらのドライブがお勧めらしいです。
この通りにはいい感じのアンティークショップがたくさんあるらしい。行きたかったわー。
私たちは時間がないのでハイウェイでびゅーんと、1時間半ぐらいで行っちゃいました。とはいっても、半島をぐるっと回るので時間がかかる。。
ケープコッドは右腕の形をしているので、地元の人が場所を説明するときは、力自慢するみたいにちからこぶ作るように腕を見せながら話してました。
でも地図をみると、ほんと腕のかたち~。詳しくは2つ前の記事の地図をみてください。
夏はボストンからフェリーが出ていて、海を渡ると1時間半ほどでプロビンスタウンに着くみたいです。車だとぐるっと回るので3時間ぐらいかかるでしょうか。

心配していた天気も、この日はなんとか晴れてくれました。でも寒い。。ほんとに寒い。。
全く海に適していない日です。
プロビンスタウンには、Cape Cod National Seashore(ケープコッド固定海浜公園)という巨大な海に面した公園があります。ほんと巨大です。
夏はビーチでのんびりする人であふれかえるみたいですが、なんせこの日は寒いのでスルーしときました。

そしてようやく到着。
夏は本当に混雑して、車を停めるのも大変なんでしょうが、1日おいておけて5㌦でした。やすーい。
プロビンスタウンは、ゲイピープルが集まる街としても有名でして、街なかには怪しげなポスターが色々ありました。過激すぎる~!

f0194826_6215711.jpgf0194826_622278.jpg

おしゃれなインテリアショップに入っても、素敵な写真立ての中にはかっちょいいマッチョの男性の写真ばかりが入ってました!
歩いてるのも、男性カップルがとっても多かった!
街かどでマイクで歌ってるミニスカートをはいたその人の歌声は・・おっさんでした。
自由な街だぜ~!

普通のお店ももちろんあります。
海を意識した雑貨ショップや、素敵なインテリアショップ。いろいろあります。

海の街なので、わんちゃんを散歩させてる人もたくさん。
味のあるわんちゃんを発見!いい表情してる~!
f0194826_6225521.jpg


この日は風が強く、そして気温も低かったのでまったく海日和ではなかったけれど、やっぱり海にくるとテンションあがるー!

f0194826_6232866.jpg


f0194826_624121.jpgf0194826_624233.jpg


お昼ご飯は、「The Lobster Pot」という海沿いのシーフードレストランで。メインストリートにあります。
数あるシーフードレストランの中でも特においしいとのことでしたが、本当においしかった!
sashimiと、ロブスターラビオリを旦那さんとシェアしました。
このsashimiがおいしい!!tunaらしいのですが、まわりが炭火焼で焼かれたかのように香ばしくローストしてあって、醤油ではなくオリジナルのソースがついていて、野菜と一緒に頂きます。これが本当においしかった!

f0194826_6252785.jpgf0194826_6255315.jpg


腹ごしらえをしたら、この日のメインイベント!ホエールウォッチングです!

f0194826_6275682.jpgf0194826_6282667.jpg


ボストンでもできるし、この日は本当に寒かったので、私はちょっとなぁって感じだったのですが、旦那さんが思いのほかノリノリでして。。
ボストンよりも、かなり高い確率で・・というかほぼ100%クジラが見られるし、えさ場がすぐ近くにあるのでボストンから行くより早く行けるとのことで行ってみることにしました。
ホエールウォッチングのシーズンがちょうど今週末あたりから始まったばかりだし、この日はすごく寒かったので全然お客さんいないんじゃ・・なんて思っていたのですが、いやいや、かなりの人がいました。
夏来たら、混んでて見るのは大変そう。
今のうちがいいのかも!

なんて思ったのもつかの間・・・船の上は寒い!!!!寒すぎる!それでも外のデッキ、2階のデッキにいる外人たち。。ほんとおかしいです。
でもクジラが現れたら、寒さも吹っ飛んでデッキにすっとんでいってました、私たちも。
くじらだー!!!

f0194826_6294931.jpg
f0194826_6301925.jpg



見えてないじゃん!ってつっこみがありそうですが、撮るのは非常に困難です。。そして実際見られるのはこういった姿が多いです。

クジラが何時の方向に見えますってアナウンスしてくれるのでみんなそれに従って、右にいったり、左にいったり、前にいったり。。
結構な数見れました!!でもクジラの顔をみるのはすごく難しい!っていうか一度も見れませんでした。息をしに海面に上がってくるだけなので顔はなかなか見れないんです。
しかもそう何回も体も海面に出てきてはくれないので、あがってきてる1瞬、1瞬を逃さないようにみんな真剣に写真撮ってました!でもほんと撮るのが難しい!!ものすごい数の写真を撮ったのに全然見えてない~
でもクジラはすごい迫力だし、見れてよかった!イルカも見れました☆
ただ、もう終盤は寒すぎて、完全にまいってました。。クジラを撮り過ぎてデジカメの電池はなくなり、私たちのエネルギーもきれました・・やっぱりホエールウォッチングは夏です!

2時間半だけでしたが、海面の寒さは思った以上に私たちの体力を奪い、夕方にはボストンに向けて帰り始めました。
プロビンスタウンのシンボル的なタワー、モニュメントタワーも素敵で、ぜひ近くにいって、そして上に登ってケープコッドを見渡したかったけれど、これはまた次回。。

海外やニューヨークだけじゃなくて、ボストン近郊の街も今年1年、しっかりと回らないとな!と強く思った旅行でした☆
f0194826_6305953.jpg

f0194826_6191181.jpg


[PR]

by asami-en818 | 2009-04-22 06:41 | 旅行

ケープコッド旅行記②:アットホームなB&B

今回泊まったのは、B&B形式の宿でした。B&B、つまりBed &Breakfastの略で朝食付きの宿ということになります。ホテルのようにビジネスライクな感じではなく、ペンションに泊まる、もしくは普通のお宅に泊まるという感覚です。
サンドイッチ周辺はこのB&Bが多かったです。
私たちが泊まったのは、『Inn at Sandwich』という、普通のお宅に泊めさせてもらっているようなファミリー感覚たっぷりの宿でした。
とっても感じのいいおしゃべり大好きな夫婦が経営していて、とってもアットフォーム。1階にはみんながくつろぐリビングルームがあってそのインテリアがまた素敵!この宿のHPの写真の写りがイマイチすぎて、泊まる前心配だったのですが、実際はとっても素敵な宿でした。ほんど写りがよくない。私の写真で差し替えたらどうですか?と言ってあげたいぐらいです。。
f0194826_12573120.jpg

f0194826_12575187.jpg


ケープコッドらしい貝殻とか砂を使った置物とか、灯台の置物とか、ナンタケットバスケットもたくさん置かれてます。サンドイッチはガラスが有名な街でこの宿の目の前にもガラスミュージアムがあります。宿の中にもたくさんの素敵なガラスの置物がありました。

f0194826_12584278.jpgf0194826_12592750.jpg


ダイニングテーブルにはワインが置いてあって、好きに飲んでいいそうです!夜になるとブランデーとかに変わってました!冷蔵庫に入ってるお水やコーク、ポットに入ってるコーヒー、ちょっとしたチョコレートなんかも好きに食べていいらしく、ほんと普通のお宅みたいです!
f0194826_13051.jpg


家の中は何かと猫グッズが多くて、猫好きの私にはたまらなかったです。
特に気に入ったのはこれ。棚にかけてあったんですけど、実は鳥の巣箱らしいです。猫の口に鳥が入っていくみたいです。ユニークで、この猫の表情がなんとも言えずかわいい。。
f0194826_1304226.jpg


f0194826_1303090.jpg全部で6部屋しかないこじんまりした宿ですがとってもきれいだし、居心地がいい!
部屋の鍵は内側からしかかからないので、出かける時は開けっ放し!
部屋もとってもかわいくまとめられていて、トイレの蓋が貝殻の形をしてました!

f0194826_1311824.jpgf0194826_1313878.jpg


そして宿の話に戻りますが、朝ごはんは宿泊者みんなで食べます。
朝ごはんの時間は8:30から9:30と決まっているのでだいたいみんな集まる時間が一緒で、みんなでお話しながら楽しく食べます。
この日は3組しかとまってなかったのでみんなと会話しながら食べれました。
みんなよく喋る~
テーブルコーディネートもとってもかわいいです!
ご飯はフルーツサラダから始まり、コーンマフィン、コーンのキッシュ、ターキーソーセージ、プチトマトでした。おいしかったけど、コーンだらけ、穀物だらけなのでかなり満腹です・・

f0194826_135827.jpgf0194826_1354236.jpg

f0194826_1354613.jpg


とにかく居心地がいい宿でした。とにかくご夫婦の人柄がいい!また戻ってきたいなーと思う宿でした!
[PR]

by asami-en818 | 2009-04-21 13:09 | 旅行

ケープコッド旅行記①:アメリカ建国の歴史を学ぶ!

本日、ここボストンではボストンマラソンが行われたようです。
今日一日、家から出てない私は何の雰囲気も味わうことなく終了です。
ボストンマラソンは毎年4月の第3月曜日に行われていて、マサチューセッツ州は、Patriot"s Day(愛国者の日)、独立戦争が始まった日で州で制定されている祝日です。
なのでHBSも月曜日はお休みだったのでまたしても3連休!

テスト前だというのに、結構みんな近場に遊びに行ったりしてます。
我が家も、旦那さんが急に、泊まりで出かけようと前日の金曜日に言いだして、急遽ケープコッドに1泊2日で行ってきました。
いつもながら急です。チャリティオークションから帰って来て夜中の1時とかにホテルの予約しました。。

f0194826_1134135.jpgケープコッドはこのあたりでは有名な観光スポットで、ボストンがあるマサチューセッツ州の南にある半島で、アメリカ人憧れのリゾート地らしいです。
シーズンとしては夏がベストなのですが、夏はとっても混みあうし、来れるかどうかもわからないので今回行ってみることにしました。

何の下調べもできないまま出発してしまったので、せめてもということで車の中でひたすら地球の歩き方を読んでました。
ボストンはアメリカ建国に関してとっても関係のある歴史ある街だということは知ってましたが、あまり詳しくは知りませんでしたし、正直あまり興味もありませんでした。
でも今回訪れることになったケープコッド周辺の街はまたアメリカ建国に深く関係のある地域だということを知りました。
ちょっと私も感銘を受けたし、勉強になったのでここに記しておきます。興味のない人は読み飛ばしてください。でもこれを知ってから実際の地に行くと行かないのでは深みが変わってくると思います。

=====================
そもそもアメリカは、イギリスから独立をした、つまりイギリスによって支配されていた歴史を持ちます。そのイギリスからの独立の舞台となったのがボストンですが、ケープコッド周辺の地域はそれよりもっと前の時代に舞台となった場所です。
当時、清教徒たちはイギリスで宗教弾圧を逃れて大西洋を渡り、新しい地での再建を目指して多くの者が海を越えてアメリカにやってきましたが、様々な問題から容易に定住することができませんでした。
しかし1620年、メイフラワーⅡ世号に乗ってやってきた清教徒たちが初めてケープコッドの先端にあるプロビンスタウンという街に降り立つことに成功しました。この一団をピルグリムファーザーと呼ぶそうです。
ところが、半島の先端にある海の街なので、この地の土壌や湿気などの気候が植民地には向かないと知り、彼らはケープコッドのもっと内陸にあるプリマスという街に移動し、植民しました。
こうして、プリマスはマサチューセッツ州初、アメリカにおいても2番目のイギリス人入植地となったそうです。
ネイティブアメリカンたちの協力を得て、ピルグリムファーザーズは初めて植民地での生活を確立できたそうです。
そのネイティブアメリカンたちの協力に感謝する日として、サンクスギビングデーが制定されたそうです。
サンクスギビングはニューイングランド地方発祥とは聞いていたけれど、この経緯を聞いて初めて理解ができました。
こうして植民地としての生活はスタートしましたが、その後ネイティブアメリカンたちと様々な争いが起きてボストン茶会事件などの一連の独立へ向けた流れへとつながっていくそうです。
この話を知って、初めてボストンの歴史について興味を持ちました。せっかくボストンに住んでいるのだからちゃんと、歴史を学ぼうと強く思いました。今回の旅行は思いがけずいいきっかけになりました。あったかくなることだし、フリーダムトレイルでもやっちゃおうかな?!

今回は時間不足、準備不足で残念ながらプリマスには行きませんでしたし、プロビンスタウンには行ったものの歴史について学ぶスポットには1つも行ってません。
機会があればまたじっくりまわりたいな。。
=====================


というわけで、いつも通りの単なる観光ですが、旅行記スタート!

1日目はケープコッドの入口ともいえるサンドウィッチという街へ。
たぶんあのパンで挟んであるサンドウィッチとは関係ないかと思います。
ケープコッドで最も古い街らしく、古きよきケープコッドの町並みを残している街という言葉に魅かれて行ってみました。
途中、事故で混んでいたので2時間近くかかりましたが、通常であれば1時間半ほどで着きます。


f0194826_11452082.jpgまずは腹ごしらえに、ランチを食べにDan'l Webster & Spaという高級ホテル内にあるcoservatory(コンサバトリー)というレストランへ。
評判のランチスポット、そしてきれいな庭園があるという説明に心ひかれて行ってみました。
レストランフロアはとっても天井が高くて、暖かな日差しが差し込むとっても落ち着いた素敵な空間!上品!
お客さんがおばあちゃん、おじいちゃんだらけなのが気になりますが、雰囲気はとってもいいです。
評判通り小さな滝も流れて、大きな木がある庭園もあるし、とっても和みます。

f0194826_11455098.jpgf0194826_11461047.jpg


f0194826_11471877.jpg料理はロブスターチャウダーと、帆立とエビのパスタを頼みました。
このロブスターチャウダーが絶品!!ロブスターの身がたっぷり入っていて、うま味もたっぷりです!またボストンでのチャウダーランキングの順位が入れ替わり堂々の1位に躍り出たぐらいおいしかった!(あくまで私の中のランキングですけど)
ここに来たらぜひご賞味あれ!

ほーんとこの街はこじんまりとした、のんびりした街で、派手な観光スポットはありません。
ただただ、古き良き町並みを見るのです。いいもんです。
静かな湖畔に立つこんな水車小屋がありまして、これが結構有名なスポットです。
現在も動いているみたいですが、残念ながらまだシーズンではないみたいで、近くまでは入ることができませんでした。
f0194826_1147191.jpg


少ない観光スポットですが、その中で私たちはHeritage Museum & Gardens(ヘリテージ・ミュージアム&ガーデンズ)に行ってみました。
この街自体、シーズンオフで人が少ないですが、このミュージアムもほんと人が少なかった!!
入場料12㌦は高すぎだろうーって感じですが、それなりに楽しめました。それなりです。


f0194826_11492838.jpg入口入ってすぐ横にあるのがクラシックカー32台が並ぶミュージアム。
ピッカピカのかっこいい車がずらり並んでます。車好きならたまらないと思います。
こんなのを所有してたのかと思うとびっくりです。すごい金持ちです。

f0194826_11494874.jpg



ここの敷地はとにかく広くて、緑豊かです。でも花が咲くにはまだ早すぎたようで、ちょっとさみしい感じ。。咲いていたのは水仙ぐらい。この日は天気も悪かったし。。
夏に来たらさぞきれいなんでしょう。
f0194826_11523349.jpg


f0194826_11531364.jpgf0194826_11533388.jpg


f0194826_11542466.jpgアメリカ人の生活に根ざした展示品が飾ってあるミュージアムもあって、ナンタケットバスケットもありました!ナンタケット島はケープコッドのさらに南に位置する島なのでケープコッドでも様々な場所でバスケットをみかけます。
そしてこのあたりは捕鯨文化があったこととしても有名なので、クジラからとった油とか、クジラの皮とか、捕鯨の様子なんかの展示もありました。

そして思いがけず楽しんだのがこのメリーゴーランド。100年ほど前のものらしいのですが、いまもちゃんと動きます。お客さんが来るたびに動かしてくれます。
私たちだけのために動かしてくれました。久し振りに乗ったのでたのしーい!遊園地で流れるあの楽しげな音楽もちゃんと流れるので、しばらくディズニーランドには行きたくないと頑なに拒否していた旦那さんもディズニーランドに行きたくなっと、言っとりました。メリーゴーランド、すごい効果だ~

f0194826_11552045.jpg
f0194826_11554188.jpg


つづく。
[PR]

by asami-en818 | 2009-04-21 12:04 | 旅行

ペルーに行ってきます!

1日おいたルクルーゼで作ったシチューを食べたら、とってもおいしかったです!
やはり、即効性は圧力鍋、時間をかけるならルクルーゼって感じがしました☆

HBSは今日からスプリングブレイクです。要するに春休みです。1週間!
キャンパスはいつも通りひっそりしてます。
私たちも本日夕方のフライトでペルーに行ってきます!
日本の地球の裏側ですからね。日本からは遠い!アメリカにいる今のうちに行っとかないと、ということで行ってきます。
15時に家をでると言ったのに、あと15分で15時なのに、旦那さんはいません。。
11時に起きて、何の準備もしてないのに、お風呂にすら入っていないのに、突然髪を切りに美容院にいってくると言い出し出かけて行ってしまいました。。しかもチャイナタウンまで・・
どこまでマイペースなんだよ!!
ちゃんと前日に準備を終えていた私はかなり、やきもきです。
旦那さーん、早く帰ってきてくださーい。


最大の楽しみはマチュピチュ!
心配事は、高山病、ちゃんとシャワーはお湯がでるのか、ちゃんと飛行機は飛ぶのか、といったところです。
また帰ってきたら旅行記を書きたいと思います。

そして、この記事でめでたく100記事を達成しました★
よく書いたもんだ~。
ボストンにいる2年間は頑張って続けたいと思います♪

書き続けたご褒美なのか、私のバルセロナの旅行記がトリップアドバイザーという旅行サイトのおすすめブログとしてリンクがはられることになりました♪トリップアドバイザーは、私たちが旅行するときにも結構みていたサイトだし、突然コメントでぜひ掲載したいと連絡をいただいた時はとっても嬉しかったです~。
ブログは自己満てきな日記ながら、やはりこうしてちゃんと見てくれている感じがするとたまらなくうれしいもんです。

トリップアドバイザーのバルセロナのページはこちら
日本版は最近始まったらしいのですが、アメリカでは最大の口コミサイトみたいです。
(私たちも英語のサイトをいつも見てました)
結構参考になるので旅行を計画の際はぜひ♪

ではペルー、いってきまーす!
[PR]

by asami-en818 | 2009-03-22 03:58 | 旅行

紅葉ドライブ  が、しかし・・

今日はボストンにきて初めてお出かけらしいお出かけをしました。
朝からボストンは快晴!
レンタカーでボストン郊外に紅葉を見に行ってきました!

車で約2時間半かけてボストンがあるマサチューセッツ州のさらに北、
ニューハンプシャー州のホワイトマウンテンズへ出発です。

ネットでカーナビ付きのレンタカーを予約していたので、私が道を調べなくても平気だー☆
なんて思っていたら・・
レンタカー屋の受付のおばちゃん、あっさりと
「ソーリー、ナビ全部貸し出しちゃってもうないわ。」

え?

日本んじゃこんなことはありえないですがここはアメリカ。
こんなこともあります。
仕方ない。

もたつく私の地図調べて毎度、ケンカになるんですが今日はまっすぐの道をただひたすら
行くだけだったのでケンカもなく♪


120マイル(192km)の道のりでした。
ほんと遠かった・・

紅葉はとてもいい感じで、色づいていました。
山全体が赤・黄色・緑に燃えている!って感じでした。
車からの眺め↓

f0194826_11343840.jpg


テンションあがります!
田舎育ちなのでこういう自然はほんと好き。
上機嫌でドライブを続けていると(当然私は運転してないですけどね。ペーパーなので。。)
旦那さんが
「なんか熱っぽい・・」

「え”・・・」


ここにきて熱?!


おでこを触ってみると確かにあつい。
先週末NYに行って疲れがたまり、連日連夜続くHBSのケース地獄に追われ、
体も限界のようです。。

そんな状況の中、こうしてドライブに連れて行ってくれる旦那さんに感謝していたはず
なのですが、それにしたって、行くみちすがらでまさか引き返すのか?!
ってことを受け入れるのも難しく・・

なんとかかんとかホワイトマウンテン到着です。

おなかもすいて限界だったのに、全然レストランがない!
なんとか見つけたのがインディアンヘッドリゾートというホテル。
なんとも微妙なカカシがお出迎えです。
レストランに進んでいくと、やってんだか、やってないんだかもよくわからない店内。
とりあえず電気はついていない。
でもやってるとのこと。
がらんとした食堂みたいな雰囲気の中、一部だけバーの部分を使ってランチを提供して
いました。

f0194826_11581447.jpg



f0194826_11585373.jpg



店員もおじさん一人しかいないし・・
まともに手が回っていない・・接客態度はいいので許すけど。。

ホットティーを頼んだところ、カップ&ソーサーが手渡され、カップを持ち上げてみると・・
ん?何じゃこりゃ?
カップのしたからチーズのかたまり?クラッカーのかす?正体不明な物体のおでましです。
ありえない!

ほんとすごいよアメリカ・・

f0194826_1155388.jpg














結局このレストランで旦那さんの限界がやってきました。
もう帰りますとの宣告・・

えー・・1分も外を歩いていないのに・・

ぶーたれても仕方ないのでこれにて紅葉ドライブ終了です。


でもでも、疲れて体調悪い中、連れて行ってくれた旦那さんには感謝です。
ありがとー☆

結局、家に帰って体温はかってみると37.8℃!
かわいそうに・・

旦那さん、明日はゆっくり休んでね。

って、早く寝ろといっているのに格闘技ばかりみてなかなか寝ない旦那さんが隣でまだ
テレビみてます。

B型の扱いは大変です。
早く寝ろ!!
[PR]

by asami-en818 | 2008-10-05 12:09 | 旅行