カテゴリ:ナイアガラ( 2 )

ナイアガラ・ワインルートの旅

f0194826_1244656.jpgナイアガラの滝からさらに30分ほど車で北上すると、ナイアガラの河口、オンタリオ湖に面した小さな街、ナイアガラ・オン・ザ・レイクがあります。ここの一番の売りは、数多くのワイナリー!ワインルートなるものもあります。広大に広がるぶどう畑に合間に多くのワイナリーがあって、ワインテイスティングが楽しめます。
カナダワインってあんまり聞いたことがないけれど、このあたりは寒暖の差が激しく、適度な湿気があってワイン造りにはベストな場所なんだとか。フランスのワインの名産地とほぼ同じ緯度にあることからも、おいしいワインが造られるのもなんとなく納得。でも生産されたワインの多くは国内で消費してしまうため、あまり多くは国外に出回らないんだとか。皆さん!カナダワイン、お勧めですよ!

この日の宿泊先のオーナーから、ワイナリーの情報とともに、テイスティングチケットをいくつかもらっていたので、これをもとにワイナリーを回ることに☆
まずは”Peller Estates Winery”。

f0194826_1212579.jpgf0194826_1214710.jpg

f0194826_1232568.jpgここは宿泊先からとっても近くて、そして実は地球の歩き方にも載っているぐらい有名で大きなワイナリーでした。入ると中央にあるバーにスタッフのお兄さんがいて、チケットを渡すと快く、ワインをサーブしてくれました。太っ腹なことに3種類のワインを飲ませてくれました。1杯目はスパークリングワイン、2杯目は赤ワイン、3杯目はアイスワイン。おいし~!シャンパン好きな私てきにはスパークリングワインがおいしかった♪これ、実際に頼むと10㌦かかるみたいなのでラッキーでした♪このあと他のワイナリーも回ったけれど、ここが一番おいしかったし、スタッフの方の対応もよかった☆
そしてこのワイナリーの中にはレストランも併設されているらしく、おいしいと評判なんだとか。ちょっとお高めですがランチなんかにはいいかも。
その後もテイスティングチケットを何枚も使ってただ飲みするツアーを決行していた私たち。いやぁ最高です(笑)
あるワイナリーでこんなユニークなものを発見!ワインボトルをぐにゅーっとつぶして作ったチーズをサーブするようのお皿!かわいい~、ユニーク!散々迷った挙句買わなかったけれど、かわいかったなぁ。。

ワイナリーを移動する道は、広大なぶどう畑の間を通って行くのでドライブにはもってこい!しかも紅葉まっただ中なので最高にキレイだった!紅葉間に合うかしら・・と不安だったけれど、まだまだ充分キレイでした!
街の中心には小さいながらショッピングストリートもあってぶらぶらしてました。
ちょっと脇道に入ると住宅街が広がっていて、私はむしろこういう住宅街を歩くのが楽しかったりしました。かわいい素敵なおうちと、紅葉で様々な色に染まる歩道。

f0194826_1272255.jpgf0194826_12103728.jpg
f0194826_1275265.jpgf0194826_1281713.jpg

この日泊ったのは昨日の大型ホテルとは趣向を変えて、こじんまりとB&Bに泊ることにしました。このあたりは200軒以上のB&Bがある非常にB&Bが盛んなエリアだそうで。私たちは中心から少し外れた静かな住宅街に佇むValentineというB&Bに泊りました。見た目はほんと普通のおうち。しっかりとしてそうなママが迎えてくれました。シーズンも終わりということもあってこの日宿泊するのは私たちだけでした。
3人だったので大き目な部屋をお願いしていて、ベッドルームが2つに分かれていたお部屋だったのでよかったです!お部屋はとってもかわいらしく、ラブリーでした。バスルームがまた一段とラブリー。バスもトイレもそれぞれの部屋にあってそれもよかった☆

f0194826_12114575.jpgf0194826_1212713.jpg

朝ご飯はこのママのお父さんが作ったというメイプルシロップを使ったパンケーキを頂きました♪おいしかったなぁ。。まだB&Bを始めて3年目らしいのですが、すでに旅行サイトではこのB&B、結構な上位にランクインしていました。それも納得のサービス、お部屋でした!B&Bは今回が二度目だけど、やっぱりオーナーの人の個性が反映されていて人のおうちにお泊まりにきた感じがとっても楽しい!

今回は紅葉シーズンぎりぎりでカナダを旅行出来てとっても楽しかった!母もアメリカのみならずカナダまで行けちゃって、ほんと楽しそうでした。よかった、よかった!
[PR]

by asami-en818 | 2009-10-29 12:14 | ナイアガラ

大迫力!ナイアガラの滝!!

日曜から2泊3日でカナダのナイアガラの滝を見に行ってきました!
本当は夏に行きたかったのですが、行けずじまい。なんとかアメリカにいるうちに見ておきたいと、寒くなるぎりぎりのこの時期にようやく行ってきました。
念願のナイアガラはそりゃもうすごい迫力で、感動でした!
f0194826_10562138.jpg

しかしボストンから車で10時間・・遠かった~。飛行機だと1時間程度で着きますが、なんせ高い。。300㌦近くしていたのでここは節約のため車で向かいました。でもやっぱり遠かった~。高速をひたすらまっすぐ進む!直線で約440kmとナビで表示された時には旦那さんと二人途方にくれました(笑)今回は私も運転して交代で向かいました。いやぁ、ほんとまっすぐだった!
車で国境を超えることになるのでどんな感じなんだろうと思っていたら、料金所みたいな感覚で車の中からパスポートを渡してスタンプ押してもらってそのままGO!でした。あっけなくカナダ入りでした。

f0194826_10575290.jpg国境付近のアメリカの街も、カナダに入ってからのナイアガラ付近の街も、ここは観光地なのか?って疑問に思うほど閑散としてました。ホテルだけはたーくさんありました。
今回私たちが泊ったのは、ナイアガラのカナダ滝が目の前に見渡せるMarriot Niagara Falls Fallsviewです。
ロビーには大きなシャンデリア。ロビーの窓からはナイアガラの滝がどどーんと広がっています。最高です。

そしてせっかくナイアガラに来たからには景色がちゃんと見れるホテルに泊まりたいと、滝が見える部屋を予約しました。部屋の扉をあけるとこれまたどどーんと目に飛び込んでくるナイアガラの滝!!あったかい部屋から、ナイアガラの滝を見下ろせるのはほんと最高の眺めでした。夜はイルミネーションできれいな色に浮かび上がるナイアガラも見れるし、ほんと大満足のお部屋でした。

f0194826_1059434.jpgf0194826_10592584.jpg

部屋からの眺めはこちら↓母もずーっと窓に張り付いて滝を眺めてました☆
f0194826_1113771.jpg


夕飯はこのさびれた街でどうしたもんか・・と思ったのでホテルのレストランで食べましたが、これまたとっても雰囲気はいいし、ナイアガラは間の前に見えるし、ご飯はおいしいし、大満足でした。マリオットにお泊りの方、ぜひホテル内のレストランへ!

1日目は着いたのがすでに18時を過ぎていたので何もできずじまいでしたが、翌日は念願のナイアガラに近づいてみることに。ホテルの真ん前にある”テーブルロック”へ。ここにある建物から”Journey Behind the Falls”という滝を裏側から見られるという場所に行くことができます。ぺらんぺらんのごみ袋みたいなポンチョを無料でくれるのでそれをかぶっていざ出陣!滝を真横から見られるちょっと飛び出た台に出られるのですが、いかんせん、すごい水しぶき!!台風並みで、とても滝を見ることができない!!ポンチョかぶってるっていっても顔にすごい勢いでかかってくるのでたまらず退散。。旦那さんだけがしぶとく見学してました。
裏側がメインの見学スポットですが、実際は、あ、こんなものね、って感じの見栄えです。やっぱり滝は正面から見るべきです。写真右下が滝の裏側の様子。とにかくすごい水の勢い!

f0194826_1155246.jpgf0194826_1161295.jpg
f0194826_1163047.jpgf0194826_1165166.jpg

テーブルロックへと戻りまして、滝を上から見学。やっぱり正面から見るべきだ~。またまた感動。水しぶきがすごすぎて、ナイアガラの滝周辺の道路は常に小雨状態。滝が流れ落ちる水面なんて、吸い込まれる勢いがすごくて、大興奮!ブロガーとしては写真撮りたくてうずうずしましたが、デジカメが水しぶきにやられてしまう可能性があったので断念。。それぐらいの水しぶきです。
虹まで出て、もう最高の景色でした。虹の写真の右端に写っているのがナイアガラのアメリカ滝です。
紅葉もまだ残っていて、秋のナイアガラもすてたもんじゃないなって感じでした!
f0194826_118154.jpg


f0194826_11102788.jpgf0194826_11104510.jpg

本当は、ナイアガラの滝といえばのアトラクション、霧の乙女号という滝のそばまでいける遊覧船に乗りたかったのに、なんと私たちが着いた日曜が今季の最終日で、私たちが観光した月曜日には乗れず・・なんというタイミング~。。かなーり残念でしたが、まぁ晴れた天気のもとでナイアガラの滝が見れただけでよかったということにしたいと思います!
メイプルシロップもしっかり買い込んでナイアガラをあとにしました。
続いて向かうはナイアガラ・オン・ザ・レイクのワインルートです!
[PR]

by asami-en818 | 2009-10-29 11:17 | ナイアガラ