「ほっ」と。キャンペーン

夏のヨーロッパ旅行:スイス(グリンデルワルト①)編

ミラノからスイスへは電車で向かいます。
f0194826_1233958.jpg

この電車のチケット、ミラノの駅で並んで買ったのですが、いかんせん、駅員が全く英語をしゃべらず!終始イタリア語!どこまで強気なんだよ!こんな大都市の駅なのに英語しゃべらないなんて。。ひどすぎる。。前に並んでいたおっさんの体臭もひどすぎた・・おえっ。
陸続きなので、ある駅から乗務員がイタリア人からスイス人へとがらっと変わります。フランスからイタリアに入る時は全然何のチェックもなかったのですが、スイスに入る時はスイスの軍みたいながっちりした人たちが数人で抜き打ちチェックでパスポートチェックしてました。一人の怪しげなおっさんが荷物ひっくり返されて綿密にチェックされてました。日本人は当然ながらスルーです。安全安心の国、日本です。
イタリアのコモ湖を車窓から眺めつつ、風景はどんどんスイスらしい大自然に変わっていきます。列車はベルン行きでしたが、私たちはBrigという駅で別の列車に乗り換え。列車はインターランケン・オスト(Interlanken Ost)駅へ。そこから登山電車で目的地であるグリンデルワルト(Grindelwald)へ。私にとっては初めてのドイツ語圏!地名を読むのもままなりません。ドイツ語むずかしー。
インターランケンに向かう途中に見える湖(THUNERSEEというらしい)がはんぱなくキレイで大感動でした!見たことないような真っ青な湖!(上の画像は翌日、山の上から撮った湖。すっごい青いでしょ?!)

私たち、でっかいカゴバッグやらパラソルやらゴザやら、海行ってきましたとアピールせんばかりの状態で、ようやくグリンデルワルトに到着です。
f0194826_1212095.jpg

驚いたのは日本人の多さ!ここは日本か?って思うぐらいの日本人観光客の多さでした。日本人はアルプスが大好きみたいです。街に入ると一番目立つところに日本語観光案内所があってびびります。

今回の宿泊先はHBSの同級生で旦那さんと仲良しのスイス人、ダミアンが一家で20年以上御用達だというホテルを紹介してくれました。
f0194826_12305516.jpg

ほんとは倍以上のお値段がする宿泊費を、予算が70ユーロということでダミアン家のおかげで70ユーロにしてくれるとのことでした!なので部屋は山も見えない微妙な景色でしたが我慢、我慢。。
だったのに!結果的にはなぜか最後ホテルを出る時に清算するとなぜか1泊100ユーロ・・あれ?通常価格より安いけど、でも聞いてる話と違う。。とはいえご厚意での値段なのでダミアンパパの立場もあるし、食いさがれず。。むむむー。
まぁ、ホテルはスキーロッジ風でよかったですよ。駅からわりと遠くて大荷物を持っての移動は泣きそうでしたけど。

ここのホテルの何がいいって、朝ご飯!
おいしいチーズとハム、サラミが食べられる!スイスのチーズとサラミってほんとおいしくてこの旅一番の感動だったかも!
自分で好き勝手にとって食べられるので毎朝、もりもり食べました。最高です。

f0194826_1255133.jpgf0194826_1261478.jpg


そして、スイスといえば!
そう!チーズフォンデュ!ホテルのおばちゃんにおいしいレストランを聞いて行ってみました。混むから予約した方がいいというので前日に予約しときました。BELLEVUEというホテルの1階のレストランです。
普通のフォンデュと、トマトのチーズフォンデュがあるとのことでトマトにしてみました。つぶしたトマトが入っているので見た目はオレンジっぽい。これにじゃがいもとパンを付けて食べる。うまーい!!!!!!こんなにじゃがいもも、パンも食べれないとか思っていたら完食です。ブロッコリーとか人参とか野菜がもうちょっとあると嬉しかったけどこれがスイス式みたいです。

f0194826_12151718.jpgf0194826_12154210.jpg

f0194826_1245085.jpg


f0194826_12172682.jpgあまりのおいしさに滞在中、2回もこのレストランに行ってしまいました。2回目はラクレットというこれまたスイスの有名なチーズ料理。ちょっとくせのあるチーズを強い火力でとろーっととろけさせてこれをパンにつけて食べます。これもうまーい!!チーズ以外もポークのステーキを食べましたがこれもおいしかった。このレストランはすごいです。

このレストランで食べている時、外の道路には転々と、黄色い花を持った人たちが。。花売りか?と思っていると手押しの一輪車をひいたアルプスっぽい格好をした女の人が歩いてきます。すると転々といる人たちが次々とその女の人に花を渡し、ハグ。次々人が集まってくる。なんだー?!お店の人に聞いてみると、明日結婚する女性が行うこの地域独自の風習だとか。道々にいた人たちは友人のみなさんみたい。何だか素敵な光景でした!

f0194826_12211652.jpg


滞在中、ある1日の夜は道路が歩行者天国になって、レストランもエクストラのテーブルを出したり、出店が出ていたり、ちょっとしたお祭り気分。ドイツ語圏らしく、ビールスタンドやソーセージの出店があったり、ラクレットを屋台で出していたり。夏らしい楽しいイベントでした。写真右がラクレットを作っている様子。

f0194826_1224255.jpgf0194826_12242879.jpg


チーズ好きにはたまらない国、スイスです!
アルプスの大自然についてはのちほどー。
[PR]

by asami-en818 | 2009-09-26 12:34 | スイス

<< 夏のヨーロッパ旅行:スイス(グ... 夏のヨーロッパ:イタリア(ミラノ)編 >>