豪邸の街、ニューポートへ。

f0194826_13254835.jpg日本からの友達も帰った翌日には、私たちは旦那さんのクラス旅行へと行ってきました。
最近、予定がびっしりです。。
今回の行先はロードアイランド州、ニューポート。
ボストンからは1時間30分ぐらいです。ここは、19世紀後半から20世紀初めにかけて、ニューヨークをはじめとするお金持ちの皆さんがこぞって、別荘を建てたリゾート地です。また、ヨットのレースも行われることでも有名で、雰囲気としては逗子みたいな感じでしょうか。

今回、ここニューポートでは、去年タキシード、ドレスでドレスアップして参加したホリーダズルと同じく、素敵な宮殿みたいな場所でみんなでディナーを食べるイベントが行われました。HBS全クラスが集合するのでニューポートのホテルはHBSだらけだったことでしょう。街で見かけるうかれたやつらはHBS生ばかりでした。
しかーし、このディナー、食事はたいしておいしくなく、サービスもよろしくないことは前回のホリーダズルで学習済みだったので、私たちはみんなより1泊少なく土曜の1泊だけで参加しました。

まずはみんなと合流する前にニューポート観光へ。
ニューポートといえばの、マンション見学に行ってみました。
物件を探しにいったのではもちろんありません。
冒頭に書いた通り、ここニューポートにはお金持ちたちが建てたたくさんの豪華な別荘が建っており、現在はこの別荘(マンション)を公開して、観光客が見学できるようになってます。このあたりをドライブすると、素敵な豪華なマンションがいくつも見えて、溜息ばかりでます。ほんとすごい街です。自転車でふらりと回っても楽しいかも。そういう人もみかけました。
見学するには10㌦程度の見学料が必要なのでご注意を。
f0194826_1327553.jpg

f0194826_13273341.jpg


f0194826_13275680.jpgf0194826_13281743.jpg


今回、私たちはここらへんの豪邸群の中でも最大の広さを誇る「Breakers(ブレーカーズ)」に行ってみました。
f0194826_13292794.jpg

f0194826_13294616.jpg

イタリアの宮殿をモデルに造られたこの建物、それはそれは豪華です。ほんとお城みたいです。
70も部屋があるらしいですよ。バスルームは23!どんだけ~?!
中央のホールがとにかく素敵で、溜息が出ます。残念ながら写真撮影禁止だったのでその光景はお伝えできませんが、とにかく素敵です。
海側の部屋からは広大な庭と、大西洋のひろーい海が広がってます。贅沢な景色~。
f0194826_13302378.jpg


しっかりとニューポート名物も見学できたので、いざクラスメイトたちが宿泊するホテルへ。っていってもComfortInnなんですけどね。この辺はInnの簡単なホテルが多くありました。
ホテルについて、事件は起こりました。最近事件が多いのはなぜでしょうか・・
フロントに名前を告げると、スタッフの人が、名前が見当たらないといいます。
今回、1泊だけだったのでクラスでまとめてとった予約ではなく、旦那さんが個人的にネットで予約をとりました。
予約をした際に送られてきたメールを見せると、この予約はここのホテルではなくニュージャージーのホテルだといいます。
なんですと?!地名が一緒で州が違うホテルが存在するらしく、旦那さん、うっかりニュージャージーのホテルをとってしまったようです。
ちなみにここはロードアイランド州でございます。。
でも同じホテルグループだし、チェンジできますよと、優しいロードアイランドのホテルスタッフ。
が・・そんなに甘くはなかった。。ニュージャージーのホテルに電話をかける旦那さん。だんだんと声が大きく、荒く、何やら言い合ってます。
どうやらキャンセル時刻を過ぎているので全額とられる模様・・なにぃ?!まぁこっちが悪いけど、同じグループだし。。
ロードアイランドのスタッフは前も同じようなことがあったけれど、キャンセルにしてあげたというし。。
でもニュージャージーの感じの悪いおばちゃんは、引き下がらない!あなたは何時までの勤務なんだと旦那さんが聞くと、私が帰ったあとで電話してきたって結果は変わらないわよ!とむかつく一言!くそー!!
旦那さんも頑張って英語で抗議してます。同じグループじゃないか!とか、顧客サービスをどう捉えてるんだ!とか、今日は何部屋あと残っていて、私たちが予約していた部屋をキャンセルすることによるデメリットは何なのか!とか頑張って言い合ってました。合計1時間・・よく頑張りました。。
でも結果変わらず・・170㌦はとられていきました・・無念。。
悔しいのでセクションのディナーとクラブには行って、お酒を飲まないまま楽しみ、0時にはロードアイランドを後にしました。。
まぁ。1時間そこそこで帰ってこれるので日帰りでも問題ないですが、170㌦は悔しい!!
ComfortInnにどう恨みをはらしてやろうかと、夫婦で話し合っています。ふふふ・・(小さい人間)

ディナーは、カバのえさぐらいのボリュームで、一人一匹ロブスターと、とうもろこしやら、じゃがいもやら、ウィンナーやら、貝やら、とにかく盛りだくさんすぎて、逆に食欲を失いました。。やはり何事もほどよいのが一番。
毎度感心しますが、こういったクラスイベントに、旦那さん奥さんだけでなく、彼氏彼女をみんなよく連れてきます。こういう感覚は日本にはなかなかないですよね。いいことだと思います☆ゲイの男の子も彼氏連れてきてました!いいことだと思います☆

1年生のうちのセクションイベントもあと少しかぁ。楽しまねば!
[PR]

by asami-en818 | 2009-05-04 13:42 | クラス旅行

<< 鯛めしはもてなしに最高です。 シメはハーバード。 >>